警句を弄する

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「警句」は「けいく」と読みます。


・「警」の意味 ①いましめる

        ②用心する

        ②心をひきしめる

・「句」は「詩や文章のくぎり」を意味します。

・「警句」は「物事の真理を鋭くついた短い文句」を意味します。

・「弄(ろう)する」と読みます。

・「弄する」は「もてあそぶ」という意味です。

・「もてあそぶ」は「弄ぶ」と書きます。


・「弄ぶ」の意味 ①手に持って遊ぶ

         ②巧みにあやつる

         ③ほしいままに用いる

         ④あなどる、からかう

・「警句を弄し」は「真理を鋭くついた短い文句を巧みにあやつり」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved