倨傲

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「倨傲」は「きょごう」と読みます。

・「倨」も「傲」も「おごり高ぶる」という意味なので、「倨傲」も「おごり高ぶる」という意味になります。

・そこで、次に「おごる」と「高ぶる」の意味が問題になります。

・「おごる」は「思い上がり、他人を見下し、勝手なふるまいをする」という意味です。

・「高ぶる」は「自分のことを偉いと思い、自慢し、いばる」という意味です。





Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved