粛然

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「粛然」は「しゅくぜん」と読みます。


・「粛」 ①つつしむ

     ②おごそか

     ③静か

・「然」は接尾語です。


・「粛然」 ①つつしむさま

      ②おごそかなさま

      ③静かなさま

・「粛然として」は「おごそかにつつしんで」という意味です。

・例えば、神社で結婚式が決められたとおりに進行している時の感じ、それが「おごそか」です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved