地にしげく

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「しげく」は漢字で「繁く」と書きます。

・「繁く」は文語です。

・形容詞「繁し」の連用形です。


・「繁し」 ①多い

      ②盛んである

      ③いそがしい

      ④いりまじっている

・「地」は「地面」のことです。

・「白露は地にしげし」は「白露が地面にたくさん降りている」という意味です。

・「白露」は「白く光って見える露」のことで「しらつゆ」と読みます。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved