嘲る、自嘲癖

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「嘲(あざけ)る」と読みます。

・「嘲る」は「ばかにして笑う」という意味です。

・「自嘲癖」は「じちょうへき」と読みます。

・「自」は「自分自身」という意味です。


・「嘲」の意味 ①あざける

        ②さげすむ

        ③たわむれる

・「自嘲」は「自分を人よりも劣っていると思って、ばかにする」という意味です。

・「癖」は「くせ」のことです。

・「自嘲癖」は「自分を人よりも劣っていると思い、ばかにするくせ」を意味します。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved