意趣卓逸

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「意趣卓逸(いしゅたくいつ)」と読みます。

・「意」は「心」を意味します。

・「趣」は「めざすところ」を意味します。

・「卓」は「抜け出ている」という意味です。

・「逸」は「優れている」という意味です。

・「意趣卓逸」は「(詩歌により)表現されているものが群を抜いて優れている」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved