面、詩人面

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「詩人面」は「しじんづら」と読みます。 


・「面」の意味 ①かお、まえ、うえ、むき

        ①見る

        ①そむく、そむける

        ①めん

・「詩人面」は「人から詩人と認識されるようなふるまい」を意味します。

・「一人前の詩人」は「詩人として活動するのに恥ずかしくない能力・技芸を持っている者」という意味です。

・山月記には「これによって一人前の詩人面をしたいのではない」と書かれています。

・「これ」は「かつて作って今もなお記誦している数十篇の詩」を指します。

・李徴は「この数十篇の詩によって人から一人前の詩人として認識されるようにしたいわけではない」と述べているのです。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved