ほかでもない

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「ほかでもない」は「〜以外のことではない」という意味です。

・「ほかでもない」は、その後に「Aである」という叙述を伴います。

・「ほかでもない」は「A以外のことではない」という意味です。

・山月記には「ほかでもない。……(数十の詩)を我がために伝録していただきたいのだ。」と書かれています。

・「ほかでもない」は「数十の詩の伝録、それ以外のことではない」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved