息をのむ

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「息」は「呼吸、呼吸する」という意味です。

・「のむ」は漢字で「呑む」と書きます。


・「呑む」の意味 ①まる飲みする

         ②ほろぼす

         ③軽んじる

・「息を呑む」とは「何かに心を奪われて、少しの間、呼吸するのを忘れること」です。

・「風景のあまりの美しさに息をのんだ」は「少しの間、呼吸するのを忘れるほど風景の美しさに心を奪われた」という意味です。

・山月記には「息をのんで……聞き入っていた」と書かれています。

・「少しの間、呼吸するのを忘れるほど神経を集中させて……聞き入っていた」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved