臨む

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「臨(のぞ)む」と読みます。


・「臨」の意味 ①上から下を見る

        ②高位者が低位者の所へ行く

        ③直接その場に行く

        ④目の前にする

        ⑤その時になる

        ⑥治める

        ⑦制する

        ⑧見て写す

・「与人書」に次のような文があります。

帳芝臨池学書、池水尽黒。
張芝池に臨みて書を学び、池水尽く黒し。
張芝は池のそばで書を学び、池の水はすっかり黒くなった。

・書道のことを「臨池」といいますが、そのもとになった逸話です。

・この場合「池に臨みて」は「池のところで」という意味です。

・山月記の「谷川に臨んで姿を映す」は「谷川に面して川に姿を映す」という意味です。

・つまり、谷川の土手から川をのぞき込んで川面に姿を映す、ということです。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved