畏怖嫌厭の情

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「畏怖」は「いふ」と読みます。


・「畏」の意味 ①恐れる

        ②うやまう

        ③用心する

・「怖」の意味 ①恐れる

        ②びくびくする

        ③おどす

・「畏怖」は「恐れること」を意味します。

・「嫌厭」は「けんえん」と読みます。


・「嫌」の意味 ①きらう

        ②うたがう

・「厭」の意味 ①あきる

        ②足りる

        ③いやがる

        ④つかれる

        ⑤おおい隠す

        ⑥押す

・「嫌厭」は「いやがること」を意味します。

・「情」は「感情」のことです。

・「畏怖嫌厭の情」は「恐れていやがる気持ち」を意味します。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved