あさましい

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・口語の「あさましい」は、文語の「あさまし」を語源にしています。


・「あさまし」の意味 ①意外である

           ②興ざめである

           ③情けない

           ④ひどい

           ⑤みじめだ

・「あさましい」の意味 ①卑しい

            ②情けない

            ③みじめだ

・「異類の身となっている自分の姿」に対して李徴は「あさましい」と感じています。

・それは、李徴が「故人の前にさらしたくない」と思うような姿です。

・「あさましい」は「見るのに耐えられないほどひどい」という意味です。

・「故人」は「古くからの友人」のことです。

・「さらす」は「隠すところなく人に見せる」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved