おめおめと

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「おめおめと」は「そうすることが恥だと知っていながら、あえて」という意味です。

李徴は、異類の身となっている自分の姿を「あさましい」と思っています。

その姿をさらすことは恥だと思っています。

それなのに、あえて自分の「あさましい」姿をさらした場合、「おめおめと」さらしたということになります。

・「あさましい」は「見るのに耐えられないほどひどい」という意味です。

・「さらす」は「隠すところなく人に見せる」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved