久闊を叙す

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「久闊」は「きゅうかつ」と読みます。


・「久」の意味 ①ひさしい

        ②時間が長くたっている

        ③かわらない

・「闊」の意味 ①うとい

        ②まばらである

        ③長く会わない

・「叙す」は「じょす」と読みます。


・「叙す」の意味 ①順序をつける

         ②順序をたてて述べる

         ③官位を授ける

・「久闊」は「久しく会わなかったり、便りがなかったりすること」を意味します。

・「久闊を叙す」は「久しぶりに会ってあいさつをする」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved