驚懼

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「驚懼」は「きょうく」と読みます。


・「驚」の意味 ①おどろく

        ②おどろかす

        ③おそれる

        ④さわぎたてる

・「懼」の意味 ①おそれる

        ②つつしむ

        ③おどろく

        ④おどす

・「驚懼」は「驚き恐れること」を意味します。

・山月記には「驚懼のうちにも」と書かれているので、その意味が問題になります。

・例えば「スープが冷めないうちに」は「スープが冷めない間に」という意味です。

・山月記の「驚懼のうちにも」は「驚き恐れながらも」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved