恃む

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「恃む」は「たのむ」と読みます。

・「恃む」は「たのむ、頼る、あてにする」という意味です。

・山月記には「供回りの多勢なのを恃み」と書かれています。

・「供回り」は「供をしている者」のことです。

・「供回りの多勢なのを恃む」は「供をしている者の数の多さを頼りにする」という意味です。

・「戦国策」に次のような文があります。

楚王恃其国大。
楚王其の国の大なるを恃む。
楚王は自分の国が大きいことを頼りにした。

・「恃む」の意味は同じです。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved