駅吏

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「駅吏」は「えきり」と読みます。

・律令制の施行にともない、中国では官道が張りめぐらされた。

・官道は、中央と地方の連絡のため、また、地方どうしの連絡のために必要だった。

・その連絡は、馬の使用によって行われたので、途中で馬にエサを供給したり、馬を乗り継いだりすることが必要だった。

・旅行者のための宿泊所や休息所も必要だった。

・そのために駅伝制が導入され、全国に駅(宿駅)が設けられた。

・「駅吏」は「宿駅に働く役人」を意味します。

・なお「吏」は「役人、官吏」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved