自尊心

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「自尊心」は「じそんしん」と読みます。


・「尊」の意味 ①高ぶる

        ②たっとぶ

・「自尊」は「①自ら高ぶる、②自分に誇りを持ち自分を大事にする」という意味です。

・「自尊心」は「自分をある程度の存在として認め、大事にしようとする気持ち」を意味します。

・山月記には「かつての郷党の鬼才と言われた自分に、自尊心がなかったとは言わない」と書かれています。

・李徴には、かつて自分は郷党の鬼才と言われていた存在なのだ、という自尊心があるわけです。

・「高ぶる」は「いばって偉そうにする」という意味です。

・「郷党」は「故郷の仲間」という意味です。

・「鬼才」は「極端に優れた才能を持った人物」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved