歯牙にもかけない

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「歯牙」は「しが」と読みます。


・「歯牙」の意味 ①歯と牙

         ②論議の対象とすること

・「かけない」は「掛けない」と書きます。


・「掛ける」の意味 ①ひっかける

          ②ふりかける

          ③気にかける

・「史記」に次のような文があります。「此」は「陳勝」を指しています。

此特群盜鼠窃狗盜耳、何足置之歯牙間。
此れ特だ群盜鼠窃狗盜のみ、何ぞ之を歯牙の間に置くに足らん。
これはただ盗賊の集団・こそ泥にすぎません、どうしてこれを相手にする必要がありましょうか。

・「文明論之概略」に次のような文があります。「留る」は「とどむる」と読みます。

暗殺攘夷の論は固より歯牙に留るに足らず。
暗殺や攘夷に関する議論は、言うまでもなく、問題にする必要がない。

・「歯牙に掛ける」は「相手にする」「問題にする」という意味です。

・「歯牙にも掛けない」は「無視する」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved