鈍物

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「鈍物」は「どんぶつ」と読みます。


・「鈍」の意味 ①切れあじが悪い

        ②おろかだ、愚鈍

        ③のろい、遅鈍

・「物」は「万物、天地間にある一切のもの」を意味します。

・「鈍物」は「頭の働きのにぶい人、愚かな人」という意味です。

・寒山の詩「死生元有命」の尾聯の句です。

鈍物豊財宝、醒醒漢無錢
鈍物は財宝に豊かにして、醒醒漢は錢無し
おろかな者は財宝が豊かであり、かしこい者はお金がない

・「鈍物として歯牙にもかけなかった」と、山月記には書かれています。

・「愚かな者として無視した」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved