職を奉ずる

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「職(しょく)を奉(ほう)ずる」と読みます。


・「職」の意味 ①やくめ

        ②つとめ

        ③くらい

・「地方官吏の職」と書かれているので「職」は「官職」を意味します。

・「奉ずる」は文語で「奉ず」の連体形です。


・「奉ず」の意味 ①うけたまわる

         ②うやうやしく持つ

         ③たてまつる

・「奉ず」は「お受けする」という意味です。

・「地方官吏の職を奉ずる」は「地方官吏という職をお受けする」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved