焦躁に駆られる

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「焦躁」は「しょうそう」と読みます。


・「焦」の意味 ①やけこげる

        ②思いこがれる

        ③気がいらだつ、あせる

・「躁」の意味 ①はやい

        ②あわただしい

        ③さわがしい

        ④うごく

・「焦躁」は「気持ちがいらだって落ち着かないこと」を意味します。

・「駆る」は「かる」と読みます。


・「駆」の意味 ?馬に乗って走る

        ?馬にむち打って速く走らせる

        ?走る、速く走る

        ?追う、追い払う

・「駆る」は「せきたてる」という意味です。

・山月記には「ようやく焦躁に駆られてきた」と書かれています。

・「だんだん、あせって落ち着かない気持ちにせきたてられだした」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved