文名が揚がる

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「文名(ぶんめい)が揚(あ)がる」と読みます。

・「文」は「まとまった意味を持つことばの集まり」を意味します。

・「名」は「評判」を意味します。

・「文名」は「詩文に優れているという名声」を意味します。


・「揚」の意味 ?あがる

        ?さかんになる

        ?あきらかになる

・「文名が揚がる」は「詩文に優れているという名声が世に広まる」という意味です。

・山月記には「文名は容易に揚がらず」と書かれています。

・「詩文に優れているという名声はなかなか世に広まらないで」という意味です。

・「容易に〜ず」は「なかなか〜ない」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved