いくばくもなく

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「いくばく」は、数量・程度を問う副詞で「どれほど」という意味です。

・「いくばくもなし」は「それほど時間がかからない」という意味です。

・山月記には「いくばくもなく官を退いた」と書かれています。

・「それほどの時を経ないうちに官を退いた」という意味です。

・「官を退く」は「官吏の職にある者が、その職をやめること」を意味します。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved