潔しとしない

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「潔し」は「いさぎよし」と読みます。


・「潔」の意味 ①清い

        ②清く正しくて私心がない

        ③心や行為を清く正しくする

        ④行為を清く正しいと考える

・「潔しとする」とは「ある事柄についての自分の行為を正しいと考えて、そのように行動すること」を意味します。

・山月記には「賤吏に甘んずるを潔しとしなかった」と書かれています。

・「賤吏に甘んずることは自分に適正ではないと考えて、賤吏に甘んじないような行動をとった」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved