自ら恃む

HOME(記事一覧)>山月記 意味の詳しい説明
 山月記(国語読解) 山月記(昔の文学)




・「自(みずか)ら恃(たの)む」と読みます。

・「自ら恃む」は「自らを恃む」ことです。

・「自ら」は「自分自身」という意味です。

・「恃」は「たのむ、頼る、あてにする」という意味です。

・「孫子」に次のような文があります。

敵近而静者、恃其険也。
敵近くして静かなるは、其の険を恃むなり。
敵が近くにいるのに静まりかえっているのは、陣地の険しさを頼みにしているのだ。

・「恃む」の意味は同じです。

・「自ら恃む」は「自分の能力の優秀さを頼みにする」という意味です。

・山月記には「自ら恃むところすこぶる厚く」と書かれています。

・「自分の能力の優秀さに対する信頼が非常に大きく」という意味です。

・「すこぶる厚い」は「非常に大きい」という意味です。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved