圉人之罪


HOME(漢文記事一覧)

・ 縦書き、全ての漢字に読み、ひらがな





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

圉人之罪・説苑 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 圉人 … 馬を飼う役人

・ 援る … 手に取る

・ 数む … 罪を数え上げて責める


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

圉人之罪・説苑 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 挙ぐ … 上にあげる

・ 臨む … 身分の高い者が低い者の所へ行く

・ 使A〜 … Aに〜させる

  読み「Aヲシテ〜しム」(使役)


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

圉人之罪・説苑 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 夫子 … 大夫以上者に対する敬称

・ 勿〜 … 〜するな

  読み「〜なカレ」(禁止)




    [ 原文 ]

景公有馬。其圉人殺之。

公怒援戈将自撃之。

晏子曰、「此不知其罪而死。

臣請為君数之、令知其罪而殺之。」

公曰、「諾。」

晏子挙戈而臨之曰、

「汝為吾君養馬而殺之。而罪当死。

汝使吾君以馬之故殺圉人。而罪又当死。

汝使吾君以馬故殺人、聞於四隣諸侯。

汝罪又当死。」

公曰、「夫子釈之、夫子釈之。

勿傷我仁也。」


    [ 現代語訳 ]

景公は馬を持っていた。

その飼育係がそれを死なせた。

景公は怒って戈を手に取り、自分でその人を撃とうとした。

晏子が言うには、「この人は自分の罪を知らないで死にます。どうか私に、君に代わってその罪を数え上げて責め、その罪を教えた上でこの人を殺させてください。」と。

景公は、「よかろう。」と言った。

晏子が戈を振り上げてその人の前に立って言うことには、「お前は、わが君のために馬を飼育してそれを死なせた。お前の罪は死罪に相当する。

お前は、馬を死なせたという理由でわが君に飼育係を殺させる。お前の罪は死罪に相当する。

お前は、わが君を馬を死なせた罰として人を殺したと、周囲の諸侯に知れわたさせる。その罪は死罪に相当する。」と。

景公は、「晏子よ、この者を許してやれ、晏子よ、この者を許してやれ。わたしの仁徳を傷つけないでくれ。」と。




    [ 書き下し文 ]

景公馬有り。其の圉人之を殺す。

公怒りて戈を援り、将に自ら之を撃たんとす。

晏子曰はく、「此れ其の罪を知らずして死す。臣請ふ君の為に之を数め、其の罪を知らしめて之を殺さん。」と。

公曰はく、「諾。」と。

晏子戈を挙げて之に臨んで曰はく、「汝吾が君の為に馬を養ひて之を殺す。而の罪死に当たる。

汝吾が君をして馬の故を以つて圉人を殺さしむ。而の罪又死に当る。

汝吾が君をして馬の故を以つて人を殺し、四隣の諸侯に聞こえしむ。而の罪又死に当る。」と。

公曰はく、「夫子之を釈せ、夫子之を釈せ。吾が仁を傷なふ勿かれ。」と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved