項王の最後


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)>項王の最後・テスト問題対策





項王の最後 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 亭 … 宿場

・ 船を檥す … 船を出す用意をする

・ 雖〜 … 〜ではあるが(逆接)

・ 衆 … 人口


     [ 原文 ]

 於是項王乃欲東渡烏江。

 烏江亭長、檥船待。

 謂項王曰、「江東雖小、地方千里、

 衆数十万人、亦足王也。


項王の最後 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 独リAノミ … Aだけ(限定)

・ 何ぞ〜 … どうして〜か(反語)


     [ 原文 ]

 願大王急渡。今独臣有船。

 漢軍至、無以渡。」

 項王笑曰、「天之亡我、我何渡為。


項王の最後 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 且つ … そのうえ

・ 籍 … 項羽の名前

・ 何のA〜 … どんなAで〜か(反語)

・ 縦ひ〜 … たとえ〜しても(仮定)

・ 見ゆ … お目にかかる

・ 独り〜乎 … どうして〜か(反語)

・ 愧づ … 恥じる


     [ 原文 ]

 且籍与江東子弟八千人渡江而西。

 今無一人還。

 縦江東父兄憐而王我、我何面目見之。

 縦彼不言、籍独不愧於心乎。」


項王の最後 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 公 … あなた(人を敬って呼ぶ語)

・ 長者 … 徳の高い人

・ 歳 … 年

・ 忍びず … 耐えられない

・ 賜ふ … 格上の者が格下の者に与える


     [ 原文 ]

 乃謂亭長曰、「吾知公長者。

 吾騎此馬五歳、所当無敵。

 嘗一日行千里。

 不忍殺之。以賜公。」


項王の最後 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 令A〜 … Aに〜させる

  読み「Aヲシテ〜セしム」(使役)

・ 短兵 … 短い武器

・ 接戦す … 接近して戦う

・ 創 … 傷

・ 騎司馬 … 騎兵隊長

・ 若 … おまえ

・ 故人 … 昔なじみ

・ 非A乎 … Aではないか

  読み「Aニあらズや」(詠嘆)


     [ 原文 ]

 乃令騎皆下馬歩行、持短兵接戦。

 独項王所殺漢軍数百人。

 項王身亦被十余創。

 顧見漢騎司馬呂馬童。

 曰、「若非吾故人乎。」


項王の最後 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 面す … 顔を背ける

・ 購ふ … 賞金を懸けて求める

・ 邑 … 城壁で囲まれた町

・ 徳せしむ … 恩恵を施す

・ 自刎す … 自分で自分の首をはねる


     [ 原文 ]

 馬童面之、指王翳曰、「此項王也。」

 項王乃曰、「吾聞、

 漢購我頭千金・邑万戸。吾為若徳。」

 乃自刎而死。




     [ 現代語訳 ]

そこで項王は東進して烏江を渡ろうとした。

烏江の亭長が船の準備をして待っていた。

項王に対して言うには、「江東は小さな所ですが、土地は千里四方、人口は数十万人います。

また王となるのに十分です。

どうか大王、急いで渡ってください。

今、私だけに船があります。

漢軍が到着しても、渡ることはないでしょう。」と。

項王が笑って言うには、「天が私を滅ぼすのに、私はどうして渡ったりするだろうか。

しかも、私は江東の若者八千人と、長江を渡って西に向かった。 今、一人も生還者がいない。

たとえ江東の父兄が憐れんで私を王にしても、私はどんな面目があって彼らにお会いしようか。

たとえ彼らが何も言わなくても、私はどうして良心に恥じないだろうか。」と。

そこで亭長に対して言うには、「私にはあなたが有徳者だということがわかった。

私はこの馬に五年も乗ったが、どんな相手にも負けなかった。

かって一日に千里を走った。

これを殺すのは忍びない。

それであなたに差し上げよう。」と。

そこで騎兵を皆馬から下ろして歩行させ、短い武器を持って接近戦をした。

項王ひとりで殺した漢兵は、数百人にのぼった。

項王もまた体に十余りの傷を負った。

振り返って漢の騎兵隊長の呂馬童を見て言うには、「お前は私の古い知り合いではないか。」と。

呂馬童は顔をそむけ、王翳に指さして言うには、「これが項王だ。」と。

項王がそこで言うには、「私は聞いている、漢が私の頭に賞金千金と一万戸の町を提供すると。

私はお前のために恩恵を施そう。」と。

そこで自分で首を切って死んだ。




     [ 書き下し文 ]

是に於いて項王乃ち東のかた烏江を渡らんと欲す。

烏江の亭長、船を檥して待つ。

項王に謂ひて曰はく、「江東小なりと雖も、地は方千里、衆は数十万人あり。

亦王たるに足るなり。

願はくは大王急ぎ渡れ。

今独り臣のみ船有り。

漢軍至るも、以て渡る無からん。」と。

項王笑ひて曰はく、「天の我を亡ぼすに、我何ぞ渡ることを為さん。

且つ籍江東の子弟八千人と、江を渡りて西す。

今一人の還るもの無し。

縦ひ江東の父兄憐れみて我を王とすとも、我何の面目ありて之に見えん。

縦ひ彼言はずとも、籍独り心に愧ぢざらんや。」と。

乃ち亭長に謂ひて曰はく、「吾公の長者なるを知る。

吾此の馬に騎すること五歳、当たる所敵無し。

嘗て一日に行くこと千里なり。

之を殺すに忍びず。

以て公に賜はん。」と。

乃ち騎をして皆馬を下りて歩行せしめ、短兵を持して接戦す。

独り項王の殺す所の漢軍数百人なり。

項王の身も亦十余創を被る。

顧みるに漢の騎司馬呂馬童を見て曰はく、「若は吾が故人に非ずや。」と。

馬童之に面し、王翳に指さして曰はく、「此れ項王なり。」と。

項王乃ち曰はく、「吾聞く、漢我が頭を千金・邑万戸に購ふと。

吾若の為に徳せしめん。」と。

乃ち自刎して死す。





Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved

















Counter