児のそら寝


宇治拾遺物語巻第一の十二「児のかい餅するにそら寝したる事」です。勉学や行儀見習いのために寺に預けられていた、公家や武家などの子弟を児といいます。

HOME(古文記事一覧)




     [ 原文・現代語訳 ]

これも今は昔、
これも今となっては昔のことだが、

比叡の山に児ありけり。
比叡山の延暦寺に児がいた。

僧たち、宵のつれづれに、「いざ、
僧たちが、宵のたいくつさに、「さあ、

かいもちひせむ。」と言ひけるを、
ぼた餅を作ろう。」と言ったのを、

この児、心よせに聞きけり。
この児は、期待して聞いた。

さりとて、
そうかといって、

し出ださむを待ちて寝ざらむも、
作りあげるのを待って寝ないのも、

わろかりなむと思ひて、
きっとよくないだろうと思って、

片方に寄りて寝たるよしにて、
片隅に寄って寝ているふりで、

出で来るを待ちけるに、
できあがるのを待ったところ、

すでにし出だしたるさまにて、
はやくも作りあげた様子で、

ひしめき合ひたり。この児、
騒ぎ合っている。この児は、

さだめておどろかさむずらむと
きっと起こそうとするだろうと

待ちゐたるに、
待ち続けていたところ、

僧の、「もの申しさぶらはむ。
僧が、「もしもし。

おどろかせ給へ。」と言ふを、
目をお覚ましなさい。」と言うのを、

うれしとは思へども、
うれしいとは思ったが、

ただ一度にいらへむも、
ただ一度で返事をするのも、

待ちけるかともぞ思ふとて、
待っていたかと思うといけないと思って、

いま一声呼ばれていらへむと、
もう一度呼ばれてから返事をしようと、

念じて寝たるほどに、
我慢して寝ていたところ、

「や、な起こしたてまつりそ。
「おい、お起こし申し上げるな。

をさなき人は寝入り給ひにけり。」と
幼い人は寝入ってしまわれたのだ。」と

言ふ声のしければ、
言う声がしたので、

あなわびしと思ひて、
ああ困ったと思って、

いま一度起こせかしと思ひ寝に
もう一度起こしてくれと思いながら寝て

聞けば、ひしひしと
聞いていると、むしゃむしゃと

ただ食ひに食ふ音のしければ、
ひたすら食べに食べる音がしたので、

ずちなくて、無期ののちに、
しかたがなくて、ずっと後になって、

「えい。」といらへたりければ、
「はい。」と返事をしたので、

僧たち笑ふこと限りなし。
僧たちが笑うこと、果てしなかった。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved