盗人の正体


・ 古今著聞集「盗人の正体」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

HOME(古文記事一覧)>品詞分解ひと目でわかる





隆房大納言、検非違使の別当のとき、白川に強盗入りにけり。
隆房大納言が、検非違使庁の長官のとき、白川に強盗が入った。

その家にすくやかなる者ありて、強盗と戦ひけるが、
その家にしっかりした者がいて、強盗と戦っていたが、

何となくて強盗の中に紛れ交はりにけり。
何という理由もなくて強盗の中に入り混じってしまった。

打ち合はむには、しおほせむこと難くおぼえければ、かく交はりて、
立ち向かって戦うには、相手をみな打ち負かすのは難しいと思われたので、このように入り混じって、

物分けむ所に行きて、強盗の顔をも見、
物を分配する所まで行って、強盗の顔を見て、

また散り散りにならむとき、家をも見入れむと思ひて、かくは構へけり。
また散り散りになるときには、家の中も見てみようと思って、このように行動したのだった。

さて、伴ひて朱雀門の辺りに至りぬ。
そして、連れ立って朱雀門の辺りにやって来た。

おのおの物分けて、この男にも与へてけり。
それぞれ物を分けて、この男にも与えたのだった。

強盗の中に、いとなまやかにて、声・気配よりはじめて、
強盗の中に、とても優美であって、声・風格をはじめとして、

よに尋常なる男の、年二十四、五にもやあるらむとおぼゆるあり。
非常に優れた男で、年が二十四、五にもなるだろうかと思われる者がいた。

胴腹巻きに、左右の籠手さして、長刀を持ちたりけり。
歩兵用の鎧に、左右の手にこてを付けて、長刀を持っていた。

緋緒くくりの直垂袴に、くくり高く上げたり。
裾に緋色のひもが付いた直垂袴で、ひもを高く上げてくくっていた。

もろもろの強盗の首領とおぼしくて、事おきてければ、
すべての強盗たちの首領と思われて、万事を指図していたので、

みなその下知に従ひて、主従のごとくなむはべりける。
皆がその命令に従って、主人と従者のようでございました。

さて散り散りになりけるとき、このむねとの者の、行かむ方を見むと思ひて、
そして散り散りになったとき、この首領の者が、どこに行くか見定めようと思って、

後に差し下がりて、見隠れ見隠れ行くに、朱雀を南へ四条まで行きけり。
後ろにくっ付いて、見え隠れしながら行くと、朱雀大路を南へ四条まで行った。

四条を東へ具しけるまでは、まさしく目にかけたりけるを、
四条を東へ付いて行くまでは、確かにその姿が見えていたのだが、

四条大宮の大理の亭の西の門のほどにて、
四条大宮の検非違使別当の邸宅の西の門の辺りで、

いづちか失せにけむ、かき消つがごとく見えずなりにけり。
どこに消えたのか、かき消すように見えなくなってしまった。

さきにもそばにもすべて見えず。
前方にも近辺にもどこにも見当たらない。

この築地を越えて、内へ入りにけりと思ひて、そこより帰りぬ。
この築地を越えて、中に入ってしまったと思って、そこから帰った。

朝にとく行きて跡を見れば、
朝早く行って形跡を見ると、

くだんの盗人手を負ひてはべりけるにや、道々血こぼれたり。
例の盗人は傷を負ったのでございましょうか、道々に血が垂れていた。

門のもとにてとどまりたりければ、疑ひなく、この内の人なりけりと思ひて、
門の下の方で止まっていたので、間違いなく、この中の人だったのだと思って、

立ち帰りて、このやうを主に語りければ、
すぐに帰って、この事情を主人に語ったところ、

大理の辺りに参り通ふ者なりければ、すなはち参りて、
検非違使別当の邸宅に通い申し上げる者だったので、すぐに参上して、

ひそかにこのやうを語りまうしければ、大理聞き驚かれて、
こっそりこの事情を語り申し上げたところ、別当は聞いて驚かれて、

家中を譴責せられけれども、さらにあやしきことなかりけり。
家中の者を厳しく問いただされたが、まったく変に思われることはなかった。

くだんの血、北の対の車宿りまでこぼれたりければ、局女房の中に、
例の血は、北の対の牛車を入れる場所まで垂れていたので、局を与えられた女房の中に、

盗人を籠め置きたるがしわざにこそとて、
盗人を隠し置いている者がいて、その盗人の所行だろうということで、

みな局どもを捜されむずる儀になりて、女房どもを呼ばれけり。
すべての局をお捜しになろうという次第になって、女房たちをお呼びになった。

その中に、大納言殿とかやとて、上臈の女房のありけるが、
その中に、大納言殿とかいう人で、身分の高い女官がいたのだが、

このほど、かぜの起こりて、えなむ参らぬ由を言ひけり。
この頃、かぜをひいて、出てくることができないという趣旨のことを言った。

重ねて、「ただいかにもして、
繰り返して、「どのようにしてでも、

人になりともかかりて参りたまへ。」と責められければ、
他の人に寄りかかってでも出てきてください。」と強く要求されたので、

逃るる方なくて、なまじひに参りぬ。
避けることができないで、いやいやながら出てきた。

その跡を捜しければ、血つきたる小袖あり。
その部屋を捜索したところ、血のついた小袖があった。

あやしくて、いよいよあなぐりて、
あやしいので、さらに探索して、

切り板を開けて見るに、さまざまの物どもを隠し置きたりけり。
床板の切ってある部分を開けてみると、いろんな物を隠し置いていた。

かの男が言ひつるに違はず、緋緒くくりの直垂袴などもありけり。
あの男が言っていたとおり、緋色の緒のついた直垂袴などもあった。

面形一つありけるは、その面をして、
お面が一つあったが、このお面をつけて、

顔を隠して、夜々に強盗をしけるなりけり。
顔を隠して、夜ごとに強盗をしていたのだった。

大理、大きにあさみて、すなはち官人に仰せて白昼に禁獄せられける。
検非違使別当は、たいそう驚きあきれて、ただちに役人にお命じになって白昼に牢獄にお入れになった。

見物の輩市を成して、所も避りあへざりけるとぞ。
見物の人々が多く集まって、身動きもできなかったということだ。

衣被きを脱がせて、面あらはにして出だされけり。
顔を隠すための衣を脱がせて、顔をまる見えにしてお引き出しになった。

諸人、見あさまずといふことなし。
多くの人で、見て驚かない者は誰もいなかった。

二十七、八ばかりなる女の、細やかにて、丈立ち・髪のかかり、
二十七、八くらいの女で、ほっそりとして、背たけ・髪の垂れさがり具合、

すべてわろきところもなく、優なる女房にてぞはべりける。
すべて見劣りするところもなく、優美な女官でございました。

昔こそ鈴香山の女盗人とて言ひ伝へたるに、
昔には鈴鹿山の女盗賊と言ひ伝えていたのですが、

昔近き世にも、かかる不思議侍りけることよ。
近年でも、このような不思議なことがございますことですねえ。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved