鴻門之会


HOME(漢文記事一覧)




・ 下の画像クリックで次のページに進む

          [ 書き下し文・読み ]

鴻門之会 書き下し文・読み


            [ 現代語訳 ]

沛公は翌朝百騎余りの兵を従えて、項王にお目にかかろうとやって来た。
鴻門に到着して、謝って言った、「私は将軍と力を合わせて秦を攻撃しました。
将軍は河北で戦い、私は河南で戦いました。
しかしながら自分でも思っていませんでした、先に関中に入って秦を破り、再び将軍にここでお目にかかることができようとは。
今つまらない者の告げ口があり、将軍と私を仲違いさせようとしています。」と。


            [ 詳しい解説 ]

沛公旦日従百余騎、来見項王。
沛公旦日百余騎を従へ、来たりて項王に見えんとす。
沛公は翌朝百騎余りの兵を従えて、項王にお目にかかろうとやって来た。
・ 旦日 … 翌朝
・ 見 … お目にかかる

至鴻門、謝曰、「臣与将軍戮力而攻秦。
鴻門に至り、謝して曰はく、「臣将軍と力を戮はせて秦を攻む。
鴻門に到着し、謝って言った、「私は将軍と力を合わせて秦を攻撃しました。
・ 臣 … 臣下の君主に対する自称
・ 与A … Aと
・ 戮 … 合わせる
・ 而(置き字・順接) … そして

将軍戦河北、臣戦河南。
将軍は河北に戦ひ、臣は河南に戦ふ。
将軍は河北で戦い、私は河南で戦いました。

然不自意、
然れども自ら意はざりき、
しかし自分でも思いませんでした、
・ 然 … しかしながら(逆接)
・ 自 … 自分で

能先入関破秦、得復見将軍於此。
能く先づ関に入りて秦を破り、復た将軍に此に見ゆるを得んとは。
先に関中に入って秦を打破し、また将軍にここでお会いすることができるとは。
・ 能〜 … 〜できる(可能)
・ 得〜 … 〜できる(可能)
・ 復 … 再び
・ 見 … お目にかかる
・ 於〜(置き字・場所) … 〜で

今者有小人之言、令将軍与臣有郤。」
今者小人の言有り、将軍をして臣と郤有らしむ。」と。
今つまらない者の告げ口があり、将軍と私を仲違いさせようとしています。」と。
・ 小人 … つまらない者
・ 令A〜 … Aに〜させる
  読み「Aヲシテ〜しム」(使役)
・ 与A … Aと
・ 郤 … 仲たがい





          [ 次のページに進む ]





Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved

















Counter