一事を必ず成さんと思はば


・ 徒然草「一事を必ず成さんと思はば」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

・ 500個ほど有るといわれている重要語句はカラーで表示しています。150個ほど有るといわれている最重要語句には印を付けています。

HOME(古文記事一覧)>徒然草



・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

一事を必ず成さんと思はば・徒然草 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

一事を必ず成さんと思はば、他のことの破るるをも
一つの事を必ず成し遂げようと思うならば、ほかの事がだめになることを
・ 成さ … サ行四段活用の動詞「成す」の未然形
・ ん … 意志の助動詞「ん」の終止形
・ 思は … ハ行四段活用の動詞「思ふ」の未然形
・ 破るる … ラ行下二段活用の動詞「破る」の連体形
○ 破る … だめになる

傷むべからず、人の嘲りをも恥づべからず。
嘆いてはならないし、他人の嘲笑をも恥じてはならない。
・ 傷む … マ行四段活用の動詞「傷む」の終止形
○ 傷む … 嘆く
・ べから … 当然の助動詞「べし」の未然形
・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形
・ 恥づ … ダ行上二段活用の動詞「恥づ」の終止形
・ べから … 当然の助動詞「べし」の未然形
・ ず … 打消の助動詞「ず」の終止形

万事に換へずしては、一の大事成るべからず。
すべてのことを犠牲にしなくては、一つの大事が成就するはずがない。
・ 換へ … ハ行下二段活用の動詞「換ふ」の未然形
○ 換ふ … 取り換える
・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形
・ 成る … ラ行四段活用の動詞「成る」の終止形
・ べから … 当然の助動詞「べし」の未然形
・ ず … 打消の助動詞「ず」の終止形

人のあまたありける中にて、
人が大勢いた中で、
○ あまた … たくさん
・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形


          [ 次のページに進む ]






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved