相模の守時頼の母は


・ 縦書き、原文に助動詞の意味を付記

HOME(古文記事一覧)>徒然草





  [ 現代語訳・原文・助動詞1 ]

相模の守時頼の母は・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ ぞ(強意の係助詞) ⇒ ける(連体形)

・ 手づから … 自分で手を下して

・ 切り回す … あちらこちらを切る

・ せうと … 兄弟


  [ 現代語訳・原文・助動詞2 ]

相模の守時頼の母は・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ 経営す … 準備に忙しく奔走する

・ 給はる … いただく

・ なにがし男 … 誰それという男

・ よも … まさか


  [ 現代語訳・原文・助動詞3 ]

相模の守時頼の母は・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ 一間 … 障子の桟で囲まれたひとこま

・ たやすし … 容易である

・ さはさはと … さっぱりと


  [ 現代語訳・原文・助動詞4 ]

相模の守時頼の母は・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ 心つく … 注意させる

・ ありがたし … めずらしいほど尊く優れている


  [ 現代語訳・原文・助動詞5 ]

相模の守時頼の母は・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ 保つ … 損なわれたり乱れたりしないように維持する

・ ただ人 … 普通の人




    [ 現代語訳 ]

相模守時頼の母は、松下禅尼と申した。

相模守を招待申し上げなさることがあった時に、すすけている障子の障子の破れた所だけを、禅尼自身の手で、小刀であちらこちらを切っては、お張りになったので、

兄の城介義景が、その日の準備に忙しく奔走しておりましたが、「いただいて、誰それという男に張らせましょう。そのようなことに心得のある者でございます。」と申されたところ、

「その男は、私の細工に決してまさらないでしょう。」と言って、やはりひとこまずつお張りになっていたのを、

義景が、「全部を張り替えたほうが、ずっと容易でございましょう。まだらになっておりますのも見苦しくございませんか。」と重ねて申し上げなさったところ、

「私も、後には、さっぱりと張り替えようと思うのですが、今日だけは、わざとこうしておくのがよいのです。物は破れているところだけを修理して用いるものだということを、若い人に見習わせて注意させるためなのです。」と申された、たいへん尊く優れていた。

世の中を治める道は、倹約を基本とする。

女性ではあるが聖人の心に通じていた。

天下をよく維持するほどの人を、子としてお持ちになった、ほんとに、並の人ではなかったということである。


    [ 原文 ]

相模守時頼の母は、松下禅尼とぞ申しける。

守を入れ申さるることありけるに、すすけたる明かり障子の破ればかりを、禅尼手づから、小刀して切り回しつつ、張られければ、

せうとの城介義景、その日の経営して候ひけるが、「給はりて、なにがし男に張らせ候はん。さやうのことに心得たる者に候ふ。」と申されければ、

「その男、尼が細工によもまさり侍らじ。」とて、なほ一間づつ張られけるを、

義景、「みなを張り替へ候はんは、はるかにたやすく候ふべし。まだらに候ふも見苦しくや。」と重ねて申されければ、

「尼も、のちは、さはさはと張り替へんと思へども、今日ばかりは、わざとかくてあるべきなり。物は破れたるところばかりを修理して用ゐることぞと、若き人に見ならはせて心つけんためなり。」と申されける、いとありがたかりけり。

世を治むる道、倹約を本とす。

女性なれども聖人の心に通へり。

天下を保つほどの人を、子にて持たれける、まことに、ただ人にはあらざりけるとぞ。




     [ 品詞分解1 ]

・ 相模守時頼 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 母 … 名詞

・ は … 係助詞

・ 松下禅尼 … 名詞

・ と … 格助詞

・ ぞ … 係助詞

・ 申し … サ行四段活用の動詞「申す」の連用形

・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

・ 守 … 名詞

・ を … 格助詞

・ 入れ … ラ行下二段活用の動詞「入る」の連用形

・ 申さ … サ行四段活用の謙譲の補助動詞「申す」の未然形

・ るる … 尊敬の助動詞「る」の連体形

・ こと … 名詞

・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形

・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

・ に … 格助詞

・ すすけ … カ行下二段活用の動詞「すすく」の連用形

・ たる … 存続の助動詞「たり」の連体形

・ 明かり障子 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 破れ … 名詞

・ ばかり … 副助詞

・ を … 格助詞

・ 禅尼 … 名詞

・ 手づから … 副詞

・ 小刀 … 名詞

・ して … 格助詞

・ 切り回し … サ行四段活用の動詞「切り回す」の連用形

・ つつ … 接続助詞

・ 張ら … ラ行四段活用の動詞「張る」の未然形

・ れ … 尊敬の助動詞「る」の連用形

・ けれ … 過去の助動詞「けり」の已然形

・ ば … 接続助詞

・ せうと … 名詞

・ の … 格助詞

・ 城介義景 … 名詞


     [ 品詞分解2 ]

・ そ … 代名詞

・ の … 格助詞

・ 日 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 経営し … サ行変格段活用の動詞「経営す」の連用形

・ て … 接続助詞

・ 候ひ … ハ行四段活用の丁寧の補助動詞「候ふ」の連用形

・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

・ が … 接続助詞

・ 給はり … ラ行四段活用の動詞「給はる」の連用形

・ て … 接続助詞

・ なにがし男 … 名詞

・ に … 格助詞

・ 張ら … ラ行四段活用の動詞「張る」の未然形

・ せ … 使役の助動詞「す」の連用形

・ 候は … ハ行四段活用の丁寧の補助動詞「候ふ」の未然形

・ ん … 意志の助動詞「ん」の終止形

・ さやう … ナリ活用の形容動詞「さやうなり」の語幹

・ の … 格助詞

・ こと … 名詞

・ に … 格助詞

・ 心得(え) … ア行下二段活用の動詞「心得(う)」の連用形

・ たる … 存続の助動詞「たり」の連体形

・ 者 … 名詞

・ に … 断定の助動詞「なり」の連用形

・ 候ふ … ハ行四段活用の丁寧の補助動詞「候ふ」の終止形

・ と … 格助詞

・ 申さ … サ行四段活用の動詞「申す」の未然形

・ れ … 尊敬の助動詞「る」の連用形

・ けれ … 過去の助動詞「けり」の已然形

・ ば … 接続助詞

・ そ … 代名詞

・ の … 格助詞

・ 男 … 名詞

・ 尼 … 名詞

・ が … 格助詞

・ 細工 … 名詞

・ に … 格助詞

・ よも … 副詞

・ まさり … ラ行四段活用の動詞「まさる」の連用形

・ 侍ら … ラ行格段段活用の丁寧の補助動詞「侍」の未然形

・ じ … 打消推量の助動詞「じ」の終了形

・ とて … 格助詞


     [ 品詞分解3 ]

・ なほ … 副詞

・ 一間づつ … 名詞

・ づつ(接尾語)

・ 張ら … ラ行四段活用の動詞「張る」の未然形

・ れ … 尊敬の助動詞「る」の連用形

・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

・ を … 格助詞

・ 義景 … 名詞

・ みな … 名詞

・ を … 格助詞

・ 張り替へ … ハ行下二段活用の動詞「張り替ふ」の連用形

・ 候は … ハ行四段活用の丁寧の補助動詞「候ふ」の未然形

・ ん … 仮定の助動詞「ん」の連体形

・ は … 係助詞

・ はるかに … ナリ活用の形容動詞「はるかなり」の連用形

・ たやすく … ク活用の形容詞「たやすし」の連用形

・ 候ふ … ハ行四段活用の丁寧の補助動詞「候ふ」の終止形

・ べし … 推量の助動詞「べし」の終止形

・ まだらに … ナリ活用の形容動詞「まだらなり」の連用形

・ 候ふ … ハ行四段活用の丁寧の補助動詞「候ふ」の連体形

・ も … 係助詞

・ 見苦しく … シク活用の形容詞「見苦し」の連用形

・ や … 係助詞

・ と … 格助詞

・ 重ねて … 副詞

・ 申さ … サ行四段活用の動詞「申す」の未然形

・ れ … 尊敬の助動詞「る」の連用形

・ けれ … 過去の助動詞「けり」の已然形

・ ば … 接続助詞

・ 尼 … 名詞

・ も … 係助詞

・ のち … 名詞

・ は … 係助詞

・ さはさはと … 副詞

・ 張り替へ … ハ行下二段活用の動詞「張り替ふ」の未然形

・ ん … 意志の助動詞「ん」の終止形

・ と … 格助詞

・ 思へ … ハ行四段活用の動詞「思ふ」の已然形

・ ども … 接続助詞


     [ 品詞分解4 ]

・ 今日 … 名詞

・ ばかり … 副助詞

・ は … 係助詞

・ わざと … 副詞

・ かくて … 副詞

・ ある … ラ行変格活用の動詞「あり」の連体形

・ べき … 適当の助動詞「べし」のハ連体形

・ なり … 断定の助動詞「なり」の終止形

・ 物 … 名詞

・ は … 係助詞

・ 破れ … ラ行下二段活用の動詞「破る」の連用形

・ たる … 存続の助動詞「たり」の連体形

・ ところ … 名詞

・ ばかり … 副助詞

・ を … 格助詞

・ 修理し … サ行変格活用の動詞「修理す」の連用形

・ て … 接続助詞

・ 用ゐる … ワ行上一段活用の動詞「用ゐる」の連体形

・ こと … 名詞

・ ぞ … 係助詞

・ と … 格助詞

・ 若き … ク活用の形容詞「若し」の連体形

・ 人 … 名詞

・ に … 格助詞

・ 見ならは … ハ行四段活用の動詞「見ならふ」の未然形

・ せ … 使役の助動詞「す」の連用形

・ て … 接続助詞

・ 心つけ … カ行下二段活用の動詞「心つく」の未然形

・ ん … 婉曲の助動詞「ん」の連体形

・ ため … 名詞

・ なり … 断定の助動詞「なり」の終止形

・ と … 格助詞

・ 申さ … サ行四段活用の動詞「申す」の未然形

・ れ … 尊敬の助動詞「る」の連用形

・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

・ いと … 副詞

・ ありがたかり … ク活用の形容詞「ありがたし」の連用形

・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形


     [ 品詞分解5 ]

・ 世 … 名詞

・ を … 格助詞

・ 治むる … 行下二段活用の動詞「治む」の連体形

・ 道 … 名詞

・ 倹約 … 名詞

・ を … 格助詞

・ 本 … 名詞

・ と … 格助詞

・ す … 行変格活用の動詞「す」の終止形

・ 女性 … 名詞

・ なれ … 断定の助動詞「なり」の已然形

・ ども … 接続助詞

・ 聖人 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 心 … 名詞

・ に … 格助詞

・ 通へ … 行四段活用の動詞「通ふ」命令形

・ り … 存続の助動詞「り」の終止形

・ 天下 … 名詞

・ を … 格助詞

・ 保つ … 行四段活用の動詞「保つ」の連体形

・ ほど … 名詞

・ の … 格助詞

・ 人 … 名詞

・ を … 格助詞

・ 子 … 名詞

・ にて … 格助詞

・ 持た … 行四段活用の動詞「持つ」の未然形

・ れ … 尊敬の助動詞「る」の連用形

・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

・ まことに … 副詞

・ ただ人 … 名詞

・ に … 断定の助動詞「なり」の連用形

・ は … 係助詞

・ あら … 行変格活用の動詞「あり」の未然形

・ ざり … 打消の助動詞「ず」の連用形

・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

・ と … 格助詞

・ ぞ … 係助詞






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved