ある人、弓射ることを習ふに


・ 徒然草「ある人、弓射ることを習ふに」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

・ 500個ほど有るといわれている重要語句はカラーで表示しています。150個ほど有るといわれている最重要語句には印を付けています。

HOME(古文記事一覧)>徒然草



・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

ある人弓射る・徒然草 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

ある人、弓射ることを習ふに、諸矢をたばさみて的に向かふ。
諸矢(もろや)
ある人が、弓を射ることを習う時に、二本の矢を手にはさんで持って的に向かう。
・ 射る … ヤ行上一段活用の動詞「射る」の連体形
・ 習ふ … ハ行四段活用の動詞「習ふ」の連体形
・ たばさみ … マ行四段活用の動詞「たばさむ」の連用形
・ 向かふ … ハ行四段活用の動詞「向かふ」の終止形

師のいはく、「初心の人、二つの矢を持つことなかれ。
先生が言うには、「初心の者は、二本の矢を持ってはいけない。
・ いは … ハ行四段活用の動詞「いふ」の未然形
・ く … 「準体助詞」または「接尾語」
・ 持つ … タ行四段活用の動詞「持つ」の連体形
・ なかれ … ク活用の形容詞「なし」の命令形

のちの矢を頼みて、初めの矢になほざりの心あり。
あとの矢をあてにして、初めの矢に対しておろそかに思う気持ちが生じる。
・ 頼み … マ行四段活用の動詞「頼む」の連用形
☆ 頼む … あてにする
・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の終止形


          [ 次のページに進む ]






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved