ある人弓射ることを習ふに


HOME(古文記事一覧)>品詞分解ひと目でわかる






ある人、弓射ることを習ふに、諸矢をたばさみて的に向かふ。
ある人が、弓を射ることを習う時に、二本の矢を手にはさんで持って的に向かう。
師のいはく、「初心の人、二つの矢を持つことなかれ。
先生が言うには、「初心の者は、二本の矢を持ってはいけない。
のちの矢を頼みて、初めの矢になほざりの心あり。
あとの矢をあてにして、初めの矢に対しておろそかに思う気持ちが生じる。
毎度ただ得失なく、この一矢に定むべしと思へ。」と言ふ。
射るたびにただ当たり外れを考えず、この一本の矢で決めようと思え。」と言う。
わづかに二つの矢、師の前にて一つをおろかにせんと思はんや。
たった二本の矢、先生の前で一本をおろそかにしようと思うだろうか。
懈怠の心、自ら知らずといへども、師これを知る。
なまけ怠る心は、自分では気づかないといっても、先生はこれをわかっている。
この戒め、万事にわたるべし。
この戒めは、すべてのことに通用するだろう。
道を学する人、夕べには朝あらんことを思ひ、
仏道を修行する人は、夕方には翌朝のあることを思い、
朝には夕べあらんことを思ひて、重ねてねんごろに修せんことを期す。
朝には夕方があることを思って、もう一度ていねいに修行しようと心づもりをする。
いはんや一刹那のうちにおいて、懈怠の心あることを知らんや。
まして、ほんの一瞬のうちにおいて、なまけ怠る心のあることに気づくだろうか。
なんぞ、ただ今の一念において、ただちにすることのはなはだ難き。
なんとまあ、現在のほんの一瞬において、
ただちにすることのはなはだ難き。
ただちに実行することがたいそう難しいことか。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved