亀山殿の御池に


・ 縦書き、原文に助動詞の意味つき

HOME(古文記事一覧)>徒然草





  [ 現代語訳・原文・助動詞1 ]

亀山殿の御池に・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ まかす … 引き入れる

・ 土民 … 土地の住民

・ 仰す … お命じになる

・ 営み出だす … 努力して作り出す

・ 掛く … 川にかけ渡す


  [ 現代語訳・原文・助動詞2 ]

亀山殿の御池に・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ おほかた〜(打消) … まったく〜

・ とかく … あれこれと

・ 直す … 正しいものにする

・ いたづらなり … 役に立たないさま

・ 召す … お呼び寄せになる

・ こしらふ … 工夫して作りあげる

・ やすらかなり … やすやすと行うさま

・ 結ふ … 組み立てる

・ 参らす … 差し上げる


  [ 現代語訳・原文・助動詞3 ]

亀山殿の御池に・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ めでたし … すばらしい

・ よろづに … 何事においても

・ 道 … 方法

・ 知る … 理解する

・ やんごとなし … 尊ぶべきである




    [ 現代語訳 ]

亀山離宮のお池に、大井川の水をお引き入れになろうとして、大井川沿いの住民に言いつけられて、水車を作らせなさった。

たくさんのお金を与えられて、何日も苦心して作り出して、川にかけ渡したのだが、まったく回らなかったので、あれこれと修理したけれども、とうとう回らないで、むだに立っていた。

そこで、宇治の里の者をお呼び寄せになって、作らせなさったところ、やすやすと組み立てて差し上げた水車が、思いどおりに回って、水を汲み入れることが、すばらしかった。

何事においても、その方法を会得している者は、尊ぶべきものである。


     [ 原文 ]

亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられんとて、大井の土民に仰せて、水車を造らせられけり。

多くの銭を賜ひて、数日に営み出だして、掛けたりけるに、おほかた廻らざりければ、とかく直しけれども、つひに回らで、いたづらに立てりけり。

さて、宇治の里人を召して、こしらへさせられければ、やすらかに結ひて参らせたりけるが、思ふやうに廻りて、水を汲み入るること、めでたかりけり。

よろづにその道を知れる者は、やんごとなきものなり。








Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved