公世の二位のせうとに


・ 縦書き、原文に助動詞の意味つき

HOME(古文記事一覧)>徒然草





 [ 現代語訳・原文・助動詞1 ]

公世の二位のせうとに・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ せうと … 兄弟

・ 聞こゆ … 「言ふ」の謙譲語

・ 腹あしき人 … 怒りっぽい人

・ 坊 … 僧のいる所

・ 傍ら … すぐ近く

・ ぞ(係助詞・強意) ⇒ ける(連体形)


 [ 現代語訳・原文・助動詞2 ]

公世の二位のせうとに・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ しかるべし … ふさわしい

・ きりくひ … 切り株


 [ 現代語訳・原文・助動詞3 ]

公世の二位のせうとに・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ いよいよ … ますます




     [ 現代語訳 ]

従二位の藤原公世の兄弟で、良覚僧正と申し上げた人は、非常に怒りっぽい人であった。

僧坊のそばに、大きな榎があったので、人は、「榎の僧正」と言った。

この名は、ふさわしくないと思って、その木を切ってしまいになられた。

その根が残っていたので、「切り株の僧正」と言った。

よりいっそう腹を立てて、切り株を掘って捨ててしまったところ、その跡が、大きな堀として残っていたので、「堀池の僧正」と言った。


     [ 原文 ]

公世の二位のせうとに、良覚僧正と聞こえしは、きはめて腹あしき人なりけり。

坊の傍らに、大きなる榎の木のありければ、人、「榎の木の僧正」とぞ言ひける。

この名、しかるべからずとて、かの木を切られにけり。

その根のありければ、「きりくひの僧正」と言ひけり。

いよいよ腹立ちて、きりくひを掘り捨てたりければ、その跡、大きなる堀にてありければ、「堀池の僧正」とぞ言ひける。








Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved