人の亡きあとばかり


・ 縦書き、原文に助動詞の意味を付記

HOME(古文記事一覧)>徒然草





 [ 現代語訳・原文・助動詞1 ]

人の亡きあとばかり・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ 中陰 … 人の死後の四十九日間

・ わざ … 神事や仏教的行事

・ 慌たたし … 気が落ち着かない

・ ぞ(強意の係助詞) ⇒ ぬ(連体形)

・ ものに似ず … 何物にも比べようがない


 [ 現代語訳・原文・助動詞2 ]

人の亡きあとばかり・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ 情けなし … 人情がない

・ 我かしこげなり … 自分だけは賢明だと思っているさま

・ ひきしたたむ … 整理する

・ 行きあかる … 別れていく

・ ぞ(強意の係助詞) ⇒ べき(連体形)


 [ 現代語訳・原文・助動詞3 ]

人の亡きあとばかり・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ あなかしこ … ああ縁起が悪い

・ こそ(強意の係助詞) ⇒ おぼゆれ(已然形)

・ うたて … 情けなく

・ つゆ … まったく


 [ 現代語訳・原文・助動詞4 ]

人の亡きあとばかり・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ 疎し … かかわりが薄い

・ おぼゆ … 自然にそのように思われる

・ 際 … 当座

・ よしなし … 取るに足りない

・ 気疎し … 人けがなくて寂しい


 [ 現代語訳・原文・助動詞5 ]

人の亡きあとばかり・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ ぞ(強意の係助詞) ⇒ ける(連体形)

・ 言問ふ … 訪問する

・ よすが … 縁者

・ 偲ぶ … 懐かしむ

・ こそ(強意の係助詞) ⇒ め(已然形)


 [ 現代語訳・原文・助動詞6 ]

人の亡きあとばかり・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ 末々 … 子孫

・ やは(反語の係助詞) ⇒ 思ふ(連体形)

・ さるは … したがって

・ 跡とふわざ … 死者を弔う法事

・ ぞ(強意の係助詞) ⇒ 結びが流れている

・ 心あり … 情趣を解する


 [ 現代語訳・原文・助動詞7 ]

人の亡きあとばかり・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ 犂く … 鋤を用いて土を掘り起こす

・ ぞ(強意の係助詞) ⇒ 悲しき(連体形)




    [ 現代語訳 ]

人が死んだ後ほど悲しいものはない。

死後四十九日間、山里などに移り住んで、不便で、狭い所に多くの者が寄り集まって、死後の仏事をいっしょに営んでいるのは、気ぜわしい。

日数が早く経っていく程度は、何物にも比べようがない。

最後の日は、ひどく情味がなく、お互いに話もしないで、自分かってに要領よく荷物をとりまとめ、ちりぢりに別れて行ってしまう。もとの自分の住居に帰ってからこそ、いっそう悲しいことは多いだろう。

「これこれのことは、ああ縁起でもない、あとに生き残った者のために避けるものだそうですよ。」などと言っているのは、これほどの悲しみの中でどうしてかと、人の心はやはり情けなく思われる。

年月が経っても、すこしも忘れるわけではないが、「亡くなった人は日に日に忘れられていく」と言っていることなので、そうは言うものの、亡くなった当時ほどは感じられないのだろうか、つまらないことを言って笑ってしまう。

遺体は人けのない山中に葬って、お参りすべき日にだけ参り参りして、見ると、間もなく、卒塔婆にも苔が生え、木の葉が降り積もって埋め、夕方の嵐や夜の月だけが、訪ねてくる縁者であることだよ。

思い出して懐かしむ人がいる間はよいだろうが、そういう人もまた間もなく死んで、聞き伝えに聞く程度の子孫たちは、しみじみと感慨深く思うだろうか。

そうであるから、跡を弔うことも絶えてしまうと、どこの誰とも名前さえわからず、毎年の春の草だけを、ものの情趣を解するような人はしみじみと感慨深く見るだろうが、ついには、嵐に吹かれて悲しげな音を立てた松も、千年を待たないで薪として打ち砕かれ、古い墓は鋤で掘り起こされて田となってしまう。

その跡形さえもなくなってしまうのは、まことに悲しいことだ。


    [ 原文 ]

人の亡きあとばかり悲しきはなし。

中陰のほど、山里などに移ろひて、便悪しく、狭き所にあまたあひ居て、後のわざども営み合へる、心慌たたし。

日数の速く過ぐるほどぞ、ものにも似ぬ。

果ての日は、いと情けなう、互ひに言ふこともなく、我かしこげに物ひきしたため、散り散りに行きあかれぬ。

もとの住みかに帰りてぞ、さらに悲しきことは多かるべき。

「しかしかのことは、あなかしこ、あとのため忌むなることぞ。」など言へるこそ、かばかりの中に何かはと、人の心はなほうたておぼゆれ。

年月経ても、つゆ忘るるにはあらねど、去る者は日々に疎しといへることなれば、さはいへど、その際ばかりはおぼえぬにや、よしなしごと言ひて、うちも笑ひぬ。

骸は気疎き山の中に納めて、さるべき日ばかり詣でつつ見れば、ほどなく、卒都婆も苔むし、木の葉降り埋みて、夕べの嵐、夜の月のみぞ、言問ふよすがなりける。

思ひ出でて偲ぶ人あらんほどこそあらめ、そもまたほどなく失せて、聞き伝ふるばかりの末々は、あはれとやは思ふ。

さるは、跡とふわざも絶えぬれば、いづれの人と名をだに知らず、年々の春の草のみぞ、心あらん人はあはれと見るべきを、果ては、嵐にむせびし松も千年を待たで薪に砕かれ、古き墳は犂かれて田となりぬ。

その形だになくなりぬるぞ、悲しき。




     [ 品詞分解1 ]

・ 人 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 亡き … ク活用の形容詞「亡し」の連体形

・ あと … 名詞

・ ばかり … 副助詞

・ 悲しき … シク活用の形容詞「悲し」の連体形

・ は … 係助詞

・ なし … ク活用の形容詞「なし」の終止形

・ 中陰 … 名詞

・ の … 格助詞

・ ほど … 名詞

・ 山里 … 名詞

・ など … 副助詞

・ に … 格助詞

・ 移ろひ … ハ行四段活用の動詞「移ろふ」の連用形

・ て … 接続助詞

・ 便悪しく … シク活用の形容詞「便悪し」の連用形

・ 狭き … ク活用の形容詞「狭し」の連体形

・ 所 … 名詞

・ に … 格助詞

・ あまた … 副詞

・ あひ居 … ワ行上一段活用の動詞「あひ居る」の連用形

・ て … 接続助詞

・ 後 … 名詞

・ の … 格助詞

・ わざども … 名詞

・ ども(接尾語)

・ 営み合へ … ハ行四段活用の動詞「営み合ふ」の命令形

・ る … 存続の助動詞「り」の連体形

・ 心慌たたし … シク活用の形容詞「心慌たたし」の終止形

・ 日数 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 速く … ク活用の形容詞「速し」の連用形

・ 過ぐる … ガ行上二段活用の動詞「過ぐ」の連体形

・ ほど … 名詞

・ ぞ … 係助詞

・ もの … 名詞

・ に … 格助詞

・ も … 係助詞

・ 似 … ナ行上一段活用の動詞「似る」の未然形

・ ぬ … 打消の助動詞「ず」の連体形


     [ 品詞分解2 ]

・ 果て … 名詞

・ の … 格助詞

・ 日 … 名詞

・ は … 係助詞

・ いと … 副詞

・ 情けなう … ク活用の形容詞「情けなし」の連用形(ウ音便)

・ 互ひに … 副詞

・ 言ふ … ハ行四段活用の動詞「言ふ」の連体形

・ こと … 名詞

・ も … 係助詞

・ なく … ク活用の形容詞「なし」の連用形

・ 我かしこげに … ナリ活用の形容動詞「我かしこげなり」の連用形

・ 物 … 名詞

・ ひきしたため … マ行下二段活用の動詞「ひきしたたむ」の連用形

・ 散り散りに … ナリ活用の形容動詞「散り散りなり」の連用形

・ 行きあかれ … ラ行下二段活用の動詞「行きあかる」の連用形

・ ぬ … 完了の助動詞「ぬ」の終止形

・ もと … 名詞

・ の … 格助詞

・ 住みか … 名詞

・ に … 格助詞

・ 帰り … ラ行四段活用の動詞「帰る」の連用形

・ て … 接続助詞

・ ぞ … 係助詞

・ さらに … 副詞

・ 悲しき … シク活用の形容詞「悲し」の連体形

・ こと … 名詞

・ は … 

・ 多かる … ク活用の形容詞「多し」の連体形

・ べき … 推量の助動詞「べし」の連体形


     [ 品詞分解3 ]

・ しかしか … 副詞

・ の … 格助詞

・ こと … 名詞

・ は … 係助詞

・ あな … 感動詞

・ かしこ … ク活用の形容詞「かしこし」の語幹

・ あと … 名詞

・ の … 格助詞

・ ため … 名詞

・ 忌む … マ行四段活用の動詞「忌む」の終止形

・ なる … 伝聞の助動詞「なり」の連体形

・ こと … 名詞

・ ぞ … 係助詞

・ など … 副助詞

・ 言へ … ハ行四段活用の動詞「言ふ」の命令形

・ る … 存続の助動詞「り」の連体形

・ こそ … 係助詞

・ かばかり … 副詞

・ の … 格助詞

・ 中 … 名詞

・ に … 格助詞

・ 何 … 名詞

・ かは … 係助詞

・ と … 格助詞

・ 人 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 心 … 名詞

・ は … 係助詞

・ なほ … 副詞

・ うたて … 副詞

・ おぼゆれ … ヤ行下二活用の動詞「おぼゆ」の已然形

・ 年月 … 名詞

・ 経(へ) … ハ行下二段活用の動詞「経(ふ)」の連用形

・ て … 接続助詞

・ も … 係助詞

・ つゆ … 副詞

・ 忘るる … ラ行下二段活用の動詞「忘る」の連体形

・ に … 断定の助動詞「なり」の連用形

・ は … 係助詞

・ あら … ラ行変格活用の動詞「あり」の未然形

・ ね … 打消の助動詞「ず」の已然形

・ ど … 接続助詞


     [ 品詞分解4 ]

・ 去る … ラ行四段活用の動詞「去る」の連体形

・ 者 … 名詞

・ は … 係助詞

・ 日々 … 名詞

・ に … 格助詞

・ 疎し … ク活用の形容詞「疎し」の終止形

・ と … 格助詞

・ いへ … ハ行四段活用の動詞「いふ」の命令形

・ る … 存続の助動詞「り」の連体形

・ こと … 名詞

・ なれ … 断定の助動詞「なり」の已然形

・ ば … 接続助詞

・ さ … 副詞

・ は … 係助詞

・ いへ … ハ行四段活用の動詞「いふ」の已然形

・ ど … 接続助詞

・ そ … 代名詞

・ の … 格助詞

・ 際 … 名詞

・ ばかり … 副助詞

・ は … 係助詞

・ おぼえ … ヤ行下二段活用の動詞「おぼゆ」の未然形

・ ぬ … 打消の助動詞「ず」の連体形

・ に … 断定の助動詞「なり」の連用形

・ や … 係助詞

・ よしなしごと … 名詞

・ 言ひ … ハ行四段活用の動詞「言ふ」の連用形

・ て … 接続助詞

・ うち(接頭語)

・ も … 係助詞

・ 笑ひ … ハ行四段活用の動詞「笑ふ」の連用形

・ ぬ … 完了の助動詞「ぬ」の終止形

・ 骸 … 名詞

・ は … 係助詞

・ 気疎き … ク活用の形容詞「気疎し」の連体形

・ 山 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 中 … 名詞

・ に … 格助詞

・ 納め … マ行下二段活用の動詞「納む」の連用形

・ て … 接続助詞

・ さる … ラ行変格活用の動詞「さり」の連体形

・ べき … 当然の助動詞「べし」の連体形

・ 日 … 名詞

・ ばかり … 副助詞

・ 詣で … ダ行下二段活用の動詞「詣づ」の連用形

・ つつ … 接続助詞

・ 見れ … マ行上一段活用の動詞「見る」の已然形

・ ば … 接続助詞


     [ 品詞分解5 ]

・ ほどなく … ク活用の形容詞「ほどなし」の連用形

・ 卒都婆 … 名詞

・ も … 係助詞

・ 苔むし … サ行四段活用の動詞「苔むす」の連用形

・ 木の葉 … 名詞

・ 降り埋み … マ行四段活用の動詞「降り埋む」の連用形

・ て … 接続助詞

・ 夕べ … 名詞

・ の … 格助詞

・ 嵐 … 名詞

・ 夜 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 月 … 名詞

・ のみ … 副助詞

・ ぞ … 係助詞

・ 言問ふ … ハ行四段活用の動詞「言問ふ」の連体形

・ よすが … 名詞

・ なり … 断定の助動詞「なり」の連用形

・ ける … 詠嘆の助動詞「けり」の連体形

・ 思ひ出で … ダ行下二段活用の動詞「思ひ出づ」の連用形

・ て … 接続助詞

・ 偲ぶ … バ行四段活用の動詞「偲ぶ」の連体形

・ 人 … 名詞

・ あら … ラ行変格活用の動詞「あり」の未然形

・ ん … 婉曲の助動詞「ん」の連体形

・ ほど … 名詞

・ こそ … 係助詞

・ あら … ラ行変格活用の動詞「あり」の未然形

・ め … 推量の助動詞「む」の已然形

・ そ … 代名詞

・ も … 係助詞

・ また … 副詞

・ ほどなく … ク活用の形容詞「ほどなし」の連用形

・ 失せ … サ行下二段活用の動詞「失す」の連用形

・ て … 接続助詞


     [ 品詞分解6 ]

・ 聞き伝ふる … ハ行四段活用の動詞「聞き伝ふ」の連体形

・ ばかり … 副助詞

・ の … 格助詞

・ 末々 … 名詞

・ は … 係助詞

・ あはれ … ナリ活用の形容動詞「あはれなり」の語幹

・ と … 格助詞

・ やは … 係助詞

・ 思ふ … ハ行四段活用の動詞「思ふ」の連体形

・ さるは … 接続詞

・ 跡 … 名詞

・ とふ … ハ行四段活用の動詞「とふ」の連体形

・ わざ … 名詞

・ も … 係助詞

・ 絶え … ヤ行四段活用の動詞「絶ゆ」の連用形

・ ぬれ … 完了の助動詞「ぬ」の已然形

・ ば … 接続助詞

・ いづれ … 代名詞

・ の … 格助詞

・ 人 … 名詞

・ と … 格助詞

・ 名 … 名詞

・ を … 格助詞

・ だに … 副助詞

・ 知ら … ラ行四段活用の動詞「知る」の未然形

・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形

・ 年々 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 春 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 草 … 名詞

・ のみ … 副助詞

・ ぞ … 係助詞

・ 心あら … ラ行変格活用の動詞「心あり」の未然形

・ ん … 婉曲の助動詞「ん」の連体形

・ 人 … 名詞

・ は … 係助詞

・ あはれ … ナリ活用の形容動詞「あはれなり」の語幹

・ と … 格助詞

・ 見る … マ行上一段活用の動詞「見る」の終止形

・ べき … 推量の助動詞「べし」の連体形

・ を … 接続助詞


     [ 品詞分解7 ]

・ 果て … 名詞

・ は … 係助詞

・ 嵐 … 名詞

・ に … 格助詞

・ むせび … バ行四段活用の動詞「むせぶ」の連用形

・ し … 過去の助動詞「き」の連体形

・ 松 … 名詞

・ も … 係助詞

・ 千年 … 名詞

・ を … 格助詞

・ 待た … タ行四段活用の動詞「待つ」の未然形

・ で … 接続助詞

・ 薪 … 名詞

・ に … 格助詞

・ 砕か … カ行四段活用の動詞「砕く」の未然形

・ れ … 受身の助動詞「る」の連用形

・ 古き … ク活用の形容詞「古し」の連体形

・ 墳 … 名詞

・ は … 係助詞

・ 犂か … カ行四段活用の動詞「犂く」の未然形

・ れ … 受身の助動詞「る」の連用形

・ て … 接続助詞

・ 田 … 名詞

・ と … 格助詞

・ なり … ラ行四段活用の動詞「なる」の連用形

・ ぬ … 完了の助動詞「ぬ」の終止形

・ そ … 代名詞

・ の … 格助詞

・ 形 … 名詞

・ だに … 副助詞

・ なく … ク活用の形容詞「なし」の連用形

・ なり … ラ行四段活用の動詞「なる」の連用形

・ ぬる … 完了の助動詞「ぬ」の連体形

・ ぞ … 係助詞

・ 悲しき … シク活用の形容詞「悲し」の連体形






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved