神無月のころ


HOME(古文記事一覧)>品詞分解ひと目でわかる





神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、
十月ごろ、栗栖野という所を通り過ぎて、

ある山里に尋ね入ること侍りしに、
ある山里に訪ねて分け入ったことがありましたが、

遥かなる苔の細道を踏み分けて、
はるか遠くまで続いている苔の生えた細道を踏み分けて、

心細く住みなしたる庵あり。
心細そうな感じにして住んでいる庵がある。

木の葉に埋もるる懸樋の雫ならでは、つゆおとなふものなし。
木の葉に埋もれている懸け樋の雫の他には、まったく音をたてるものがない。

閼伽棚に菊・紅葉など折り散らしたる、
閼伽棚に菊や紅葉などを折り取って無造作に置いてあるのは、

さすがに住む人のあればなるべし。
やはり住む人がいるからなのだろう。

かくてもあられけるよと、あはれに見るほどに、
このようにしても住んでいられるのだなあと、しみじみち感慨深く見ていると、

かなたの庭に、大きなる柑子の木の、
むこうの庭に、大きな柑子の木で、
枝もたわわになりたるが、周りをきびしく囲ひたりしこそ、
枝もたわわに実のなっている木が、周りを厳重に囲ってあったのは、

少しことさめて、この木なからましかばと覚えしか。
少し興ざめして、この木がなかったならと思われた。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved