尾を塗中に曳く


HOME(漢文一覧)

・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

曳尾於塗中 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 濮水 … 黄河の支流

・ 使A〜 … Aに〜させる

   読み「Aをして〜しむ」(使役)

・ 往きて先んず … 先行する

・ 願〜 … 〜したいと思う(願望)

   読み「願はくは〜」(願望)

・ 境内を以て累はす … 国内の政治を任せる

・ 顧みる … 振り返る


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

曳尾於塗中 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 神亀 … 占いに使う神聖な亀の甲羅

・ 巾笥す … 布で包んで箱に入れる

・ 廟堂 …  先祖の霊を祭る所

・ 寧〜乎、寧〜乎 … 〜のほうがよいか、それとも〜のほうがよいか

   読み「寧ろ〜か、寧ろ〜か」(選択)


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

曳尾於塗中 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 寧〜乎、寧〜乎 … 〜のほうがよいか、それとも〜のほうがよいか

   読み「寧ろ〜か、寧ろ〜か」(選択)

・ 塗中 … 泥の中




     [ 原文 ]

 荘子釣於濮水。

 楚王使大夫二人往先焉。

 曰、「願以境内累矣。」

 荘子持竿不顧曰、

 「吾聞、楚有神亀、死已三千歳矣。

 王巾笥而蔵之廟堂之上。

 此亀者、寧其死為留骨而貴乎、

 寧其生而曳尾於塗中乎。」

 二大夫曰、「寧生而曳尾塗中。」

 荘子曰、「往矣。吾将曳尾於塗中。」


     [ 現代語訳 ]

荘子が濮水で釣りをしていた。

楚国の王が使者として大夫二人を先に行かせた。

言った、「できれば国内の政治をあなたにお任せしたいのです。」と。

荘子は釣り竿を持ったまま振り返りもしないで言った、

「わたしは聞いている、楚の国に神聖な亀の甲羅があり、

死んでからすでに三千年も経っている。

王は布で包んで箱に入れてこれを先祖の霊を祭る所の上にしまっていると。

この亀は、死んで骨を残して貴ばれるほうがよいのか、

それとも生きて尾を泥の中に引きずっていたほうがよいのか。」と。

二人の大夫が言った、

「どちらかといえば生きて尾を泥の中に引きずっていたいと思う。」と。

荘子が言った、「お行きなさい。

わたしも尾を泥の中に引きずっていたいと思う。」と。




     [ 書き下し文 ]

荘子濮水に釣る。

楚王大夫二人をして往きて先んぜしむ。

曰はく、「願はくは境内を以て累はさん。」と。

荘子竿を持し顧みずして曰はく、 

「吾聞く、楚に神亀有り、死して已に三千歳なり。

王巾笥而して之を廟堂の上に蔵すと。

此の亀は、寧ろ其れ死して骨を留めて貴ばるるを為さんか、

寧ろ其れ生きて尾を塗中に曳かんか。」と。

二大夫曰はく、「寧ろ生きて尾を塗中に曳かん。」と。

荘子曰はく、「往け。吾将に尾を塗中に曳かんとす。」と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved