阿倍仲麻呂


HOME(古文記事一覧)>土佐日記



   下の画像クリックで次の画像に進みます。

      [ 現代語訳・品詞分解・読み ]


       [ 現代語訳・原文・語句 ]

十九日。日悪しければ、船出ださず。
十九日。天候が悪いので、船を出さない。
・ 日 … 天候

二十日。昨日のやうなれば、船出ださず。
二十日。昨日と同じようなので、船を出さない。

みな人々、憂へ嘆く。
すべての人々が、心配し嘆く。
・ 憂ふ … 心配する

苦しく心もとなければ、ただ日の経ぬる数を、今日幾日、
苦しく気がかりなので、ただ日がたった数を、今日で何日、
・ 心もとなし … 気がかりである

二十日、三十日と数ふれば、指も損なはれぬべし。
二十日、三十日と数えるので、指も傷んでしまうに違いない。
・ 損なふ … 傷つける

いとわびし。夜は寝も寝ず。
とても苦しい。夜は寝られもしない。
・ わびし … つらく苦しい
・ 寝を寝ず … 寝られない

二十日の夜の月出でにけり。
二十日の夜の月が出てしまった。

山の端もなくて、海の中よりぞ出で来る。
山の端もなくて、海の中から出てくる。
・ ぞ(係助詞・強調) ⇒ 結び:出で来る(連体形)

かうやうなるを見てや、昔、阿倍仲麻呂といひける人は、
このようであるのを見たからか、昔、安倍仲麻呂といった人は、
・ や(係助詞・疑問) ⇒ 結び:ける(連体形)

唐土に渡りて、帰り来ける時に、船に乗るべき所にて、かの国人、
唐土に渡って、帰って来ていた時に、船に乗るはずの所で、その国の人が、

馬のはなむけし、別れ惜しみて、かしこの漢詩作りなどしける。
馬のはなむけをし、別れを惜しんで、あちらの漢詩を作りなどしたそうだ。

飽かずやありけむ、二十日の夜の月出づるまでぞありける。
満足しなかったのだろうか、二十日の夜の月が出るまでいたという。
・ 飽く … 満足する
・ や(係助詞・疑問) ⇒ 結び:けむ(連体形)
・ ぞ(係助詞・強調) ⇒ 結び:ける(連体形)

その月は、海よりぞ出でける。
その月は、海から出たそうだ。
・ ぞ(係助詞・強調) ⇒ 結び:ける(連体形)

これを見てぞ、仲麻呂の主、
これを見て、仲麻呂殿は、
・ ぞ(係助詞・強調) ⇒ 結び:流れ

「わが国に、かかる歌をなむ、神代より神も詠ん給び、
「わが国では、このような歌を、神代から神もお詠みになり、
・ なむ(係助詞・強調) ⇒ 結び:詠む(連体形)

今は上中下の人も、かうやうに別れ惜しみ、喜びもあり、
今では上中下どんな身分の者も、このように別れを惜しみ、喜びもあり、

悲しびもある時には詠む。」とて、詠めりける歌、
悲しみもある時には詠むのです。」と言って、詠んだ歌、

  青海原ふりさけ見れば
  青々とした海原をはるか遠くに仰ぎ見ると
  ・ ふりさけ見る … 遠くを仰ぎ見る

  春日なる三笠の山に出でし月かも
  春日にある三笠の山に出ていた月であることよ。

とぞ詠めりける。
と詠んだそうだ。
・ ぞ(係助詞・強調) ⇒ 結び:ける(連体形)

かの国人聞き知るまじく思ほえたれども、
その国の人が聞いてもわからないだろうと思われたけれども、
・ 思ほゆ … (自然に)思われる

言の心を、男文字にさまを書き出だして、
歌の意味を、漢字であらましを書き出して、
・  … 真の意味
・ さま … 概略

ここの言葉伝へたる人に言ひ知らせければ、
こちらの言葉を習得している人に話して知らせたところ、

心をや聞き得たりけむ、いと思ひのほかになむ愛でける。
意味を聞いて理解したのだろうか、まったく思いがけないほど賞賛したそうだ。
・ や(係助詞・疑問) ⇒ 結び:けむ(連体形)
・ なむ(係助詞・強調) ⇒ 結び:ける(連体形)

唐土とこの国とは、言異なるものなれど、
唐土とこの国とは、言葉は異なるものであるが、

月の影は同じことなるべければ、人の心も同じことにやあらむ。
月の光は同じことであるはずなので、人の心も同じことであるのだろうか。
・  … 

さて、今、そのかみを思ひやりて、ある人の詠める歌、
ところで、今、その古い時代を遠く思いやって、ある人が詠んだ歌、
・ かみ … 古い時代

  都にて山の端に見し月なれど波より出でて波にこそ入れ
  都では山の端に見た月であるが、波から出て波に入ることよ。
  ・ こそ(係助詞・強調) ⇒ 結び:入れ(已然形)






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved