忘れ貝


HOME(古文記事一覧)>土佐日記



   下の画像クリックで次の画像に進みます。

      [ 現代語訳・品詞分解・読み ]


       [ 現代語訳・原文・語句 ]

四日。楫取り、「今日、風雲の気色はなはだ悪し。」と言ひて、
四日。船頭が、「今日は、風や雲の様子がたいそう悪い。」と言って、
・ 気色 … 様子

船出ださずなりぬ。
船を出さないことになった。

しかれども、ひねもすに波風立たず。
しかしながら、一日中波風が立たない。
・ ひねもす … 一日中

この楫取りは、日もえ計らぬかたゐなりけり。
この船頭は、天気も予測することができない愚か者だった。
・ 日 … 天候
・ え〜(打消) … 〜できない
・ 計る … 予測する
・ かたゐ … 人をののしる語句

この泊の浜には、くさぐさのうるはしき貝、石など多かり。
この港の浜辺には、いろいろの美しい貝・石などが多い。
・ 泊 … 港
・ くさぐさ … さまざま
・ うるはし … きちんと整って美しい

かかれば、ただ昔の人をのみ恋ひつつ、船なる人の詠める、
こういうわけで、ただ亡くなった人だけを恋い慕って、船にいる人が詠んだ、

  寄する波打ちも寄せなむ
  寄せる波よ、うち寄せてほしい、
  ・ なむ(終助詞) … 〜てほしい(願望)

  わが恋ふる人忘れ貝下りて拾はむ
  私が恋しく思う人を忘れさせてくれるという忘れ貝を下りて拾おう。

と言へれば、ある人の堪へずして、船の心やりに詠める、
と言ったところ、ある人が堪えきれないで、船旅の間の気晴らしに詠んだ、
・ 堪ふ … 我慢する
・ 心やり … 気晴らし

  忘れ貝拾ひしもせじ
  忘れ貝を拾ったりなんかしない。

  白玉を恋ふるをだにも形見と思はん
  せめて白玉を恋しく思う心だけでも形見と思おう。

となむ言へる。
と言ったのだった。
・ なむ(係助詞・強調) ⇒ 結び:る(連体形)

女子のためには、親幼くなりぬべし。
女の子のためには、親は幼稚になってしまうに違いない。

「玉ならずもありけむを。」と人言はむや。
「玉というほどでもなかっただろうよ。」と人は言うだろうか。
・ を(間投助詞) … 〜よ(詠嘆)

されども、「死じ子、顔よかりき。」と言ふやうもあり。
けれども、「死んだ子は、顔が美しかった。」と言うこともある。
・ 死じ子 … 死にし子 ⇒ 死んじ子 ⇒ 死じ子

なほ、同じ所に、日を経ることを嘆きて、ある女の詠める歌、
さらに、同じ所で、日を過ごすことを嘆いて、ある女が詠んだ歌、

  手を漬てて寒さも知らぬ泉にぞ
  手を水につけても冷たさも感じない泉、和泉の国で
  ・ 漬つ … 水につける
  ・  … 「泉」と「和泉」との掛詞
  ・ 「漬つ」と「泉」とは縁語
  ・ ぞ(係助詞・強調) ⇒ 結び:ける(連体形)

  汲むとはなしに日ごろ経にける
  水を汲むということもなく何日も過ごしたことだよ。
  ・ 日ごろ … 数日






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved