羽根(亡児)


HOME(古文記事一覧)>土佐日記



   下の画像クリックで次の画像に進みます。

      [ 現代語訳・品詞分解・読み ]


       [ 現代語訳・原文・語句 ]

十一日。暁に船を出だして、室津を追ふ。
十一日。未明に船を出して、室津をめざして進む。
・ 追ふ … 目標をめざして進む

人みなまだ寝たれば、海のありやうも見えず。
人々はみな、まだ寝ているので、海の様子も見えない。

ただ月を見てぞ、西東をば知りける。
ただ月を見て、西東を知ったのだった。
・ ぞ(係助詞・強調) ⇒ 結び:ける(連体形)

かかる間に、みな、夜明けて、手洗ひ、
こうしているうちに、すっかり夜が明けて、手を洗い、

例のことどもして、昼になりぬ。
毎朝決まって行うことごとして、昼になってしまった。
・ 例 … 慣例

今し、羽根といふ所に来ぬ。
今ちょうど、羽根という所にやって来た。

わかき童、この所の名を聞きて、
幼い子が、この場所の名前を聞いて、

「羽根といふ所は、鳥の羽のやうにやある。」と言ふ。
「羽根という所は、鳥の羽のような形をしているの。」と言う。
・ やう … 姿、形
・ や(係助詞・疑問) ⇒ 結び:ある(連体形)

まだをさなき童の言なれば、人々笑ふときに、
まだ幼い子どもの言葉なので、人々が笑うときに、

ありける女童なむ、この歌をよめる。
さっきの女の子が、この歌を詠んだ。
・ なむ(係助詞・強調) ⇒ 結び:る(連体形)

  まことにて名に聞くところ羽ならば
  本当に名前を聞いた所が羽であるならば、

  飛ぶがごとくに都へもがな
  飛ぶように都へ帰りたいものだなあ。
  ・ もがな(終助詞) … 〜だったらなあ(願望)

とぞ言へる。男も女も、
と言ったのだった。男も女も、
・ ぞ(係助詞・強調) ⇒ 結び:る(連体形)

いかでとく京へもがなと思ふ心あれば、
なんとかして早く京へ帰りたいものだと思う気持ちがあるので、
・ いかで … どうにかして(願望)

この歌、よしとにはあらねど、
この歌が、優れているというわけではないが、
・ よし … すばらしい

げにと思ひて、人々忘れず。
そのとおりだと思って、人々は忘れない。
・ げに … なるほど(同調)

この羽根といふ所問ふ童のついでにぞ、
この羽根という所のことを尋ねる子どもがきっかけで、
・ ついで … 機会
・ ぞ(係助詞・強調) ⇒ 結び:流れ

また昔へ人を思ひ出でて、いづれの時にか忘るる。
また亡くなった人を思い出して、いつになったら忘れるのだろうか。
・ 昔へ人 ⇒ 京にて生まれたりし女子
・ いづれ … いつ

今日はまして、母の悲しがらるることは。
今日はなおさら、母親がお悲しみになることは、ひとしおだ。
・ は(終助詞) … 〜だなあ(詠嘆)

下りしときの人の数足らねば、古歌に、
下った時の人数が足りないので、古歌に、

「数は足らでぞ帰るべらなる。」といふことを思ひ出でて、人のよめる、
「数が足りないで帰るようだ。」ということを思い出して、ある人が詠んだ、
・ ぞ(係助詞・強調) ⇒ 結び:べらなる(連体形)

  世の中に思ひやれども子を恋ふる
  世の中に、いろいろと考えてみるが、亡き子を恋しく思う

  思ひにまさる思ひなきかな
  親の思いにまさるような思いはないことだなあ。

と言ひつつなむ。
と繰り返し言って。
・ なむ(係助詞・強調) ⇒ 結び:省略






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved