亡児


HOME(古文記事一覧)>土佐日記



   下の画像クリックで次の画像に進みます。

      [ 現代語訳・読み方・原文 ]


       [ 現代語訳・原文 ]

二十七日。大津より浦戸をさして漕ぎ出づ。
二十七日。大津から浦戸を目指して漕ぎ出す。
・ さす … 目指す

かくあるうちに、京にて生まれたりし女子、
こうした中でとくに、京で生まれた女の子が、
・ かく … このように

国にてにはかに失せにしかば、
土佐の国で急に死んでしまったので、
・ にはかなり … 急である

このごろの出で立ちいそぎを見れど、何ごとも言はず。
近ごろの出発の準備を見ても、何もものを言わない。
・ 出で立ち … 旅に出ること
・ いそぎ … 準備すること

京へ帰るに、女子のなきのみぞ、悲しび恋ふる。
京へ帰るのに、女の子が死んだことばかり悲しみ恋しがる。
・ ぞ(係助詞・強調) ⇒ 結び:恋ふる(連体形)

ある人々もえ堪へず。
その場の人々もこらえきれない。
・ あり … その場にいる
・ え〜(打消) … 〜できない
・ 堪ふ … じっと我慢する

この間に、ある人の書きて出だせる歌、
そのうちに、ある人が書いて出した歌、

  都へと思ふをものの悲しきは
  都へ帰るのだと思うのに、なんとなく悲しいのは、

  帰らぬ人のあればなりけり
  いっしょに帰らない人がいるからなんだなあ。
  ・ 帰らぬ人 ⇒ 京にて生まれたりし女子

また、あるときには、
また、あるときには、

  あるものと忘れつつなほなき人を
  生きているものと、死んだことを忘れ忘れして、なおも死んだ人を
  ・ あり … 生きている
  ・ なほ … やはり
  ・ なき人 ⇒ 京にて生まれたりし女子

  いづらと問ふぞ悲しかりける
  どこにいるのと尋ねるのは、とても悲しいことだなあ。
  ・ いづら … どこ
  ・ ぞ(係助詞・強調) ⇒ 結び:ける(連体形)






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved