木鶏


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

・ HOME(漢文記事一覧)>荘子





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

木鶏・荘子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 虚 … 内容がないこと

・ 憍 … 驕り高ぶり

・ 恃む … あてにする


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

木鶏・荘子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 嚮景 … 声や姿

・ 疾視す … すばやくふり返る


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

木鶏・荘子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 望む … 遠くから眺める

・ 木鶏 … 木で作った鶏

・ 全し … 完全である

・ 応ず … 相手に対応して行動を起こす




    [ 原文 ]

 紀渻子為王養闘鶏。

 十日而問、「鶏已乎。」

 曰、「未也。方虚憍而恃気。

 十日又問。曰、「未也。猶応嚮景。」

 十日又問。

 曰、「未也。猶疾視而盛気。」

 十日又問。

 曰、「幾矣。鶏雖有鳴者、已無変矣。

 望之似木鶏矣。其徳全矣。

 異鶏無敢応者、反走矣。」


    [ 現代語訳 ]

紀渻子が王のために闘鶏用の鶏を飼育していた。

十日が経って尋ねた、「鶏はもう戦えるようになったか。」と。

答えるには、「まだです。ちょうど空威張りして気負っているところです。」と。

十日が経ってまた尋ねた。

答えるには、「まだです。やはり他の鶏の声や姿に反応します。」と。

十日が経ってまた尋ねた。

答えるには、「まだです。やはり他の鶏をすばやくふり返って気持ちを奮い立たせています。」と。

十日が経ってまた尋ねた。

答えるには、「完成が近づいています。他の鶏で鳴くものがいても、もう様子が変わりません。これを遠くから眺めると木彫の鶏のようです。その徳が完全に身についたのです。他の鶏ですすんで闘おうとするものはなく、退いて逃げていきます。」と。


    [ 書き下し文 ]

紀渻子、王の為に闘鶏を養ふ。

十日にして問ふ、「鶏已にするか」と。

曰はく、「未だし。方に虚憍にして気を恃む」と。

十日にして又問ふ。

曰はく、「未だし。猶ほ嚮景に応ず」と。

十日にして又問ふ。

曰はく、「未だし。猶ほ疾視して気を盛んにす」と。

十日にして又問ふ。

曰はく、「幾し。鶏、鳴く者有りと雖も、已に変ずること無し。 之を望むに木鶏に似たり。其の徳全し。異鶏敢へて応ずる者無く、反り走らん」と。








Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved