鴟腐鼠を得たり


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

・ HOME(漢文記事一覧)>荘子





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

鴟得腐鼠・荘子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 相たり … 宰相となる


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

鴟得腐鼠・荘子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 鵷鶵 … 鳳凰の一種

・ 梧桐 … あおぎり

・ 練実 … 竹の実

・ 醴泉 … 甘水


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

鴟得腐鼠・荘子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 視る … 注意して見る

・ 嚇 … 相手をおどす声




    [ 原文 ]

 恵子相梁。荘子往見之。

 或謂恵子曰、「荘子来欲代子相。」

 於是恵子恐捜於国中、三日三夜。

 荘子往見之曰、

 「南方有鳥、其名鵷鶵、子知之乎。

 夫鵷鶵発於南海、而飛於北海。

 非梧桐不止、非練実不食、非醴泉不飲。

 於是鴟得腐鼠、鵷鶵過之。

 仰而視之曰、『嚇。』

 今子欲以子之梁国而嚇我邪。」


    [ 現代語訳 ]

恵子が梁の宰相になった。

荘子が出かけて行って恵子に会おうとした。

ある人が恵子に対して言うには、「荘子がやって来て、あなたに代わって宰相になろうとしています。」と。

それで、恵子は心配になって、三日三晩、国中を捜しまわった。

荘子が訪ねて行って恵子に会って言うには、「南方に鳥がいる、その名は鵷鶵だが、あなたはこれを知っているのかな。

そもそも鵷鶵は、南の海を出発して、北の海に飛ぶ。

あおぎりでなければ止まらず、竹の実でなければ食べず、甘水でなければ飲まない。

ところで、ふくろうが腐った鼠を手に入れて、鵷鶵がその上を通過していた。

ふくろうは上を向いてこれをにらんで、『くわっ。』と言った。

今あなたは、あなたの梁国での地位に関して、わたしを威嚇しようとするのかね。」と。




    [ 書き下し文 ]

恵子梁に相たり。荘子往きて之に見はんとす。

或るひと恵子に謂ひて曰はく、「荘子来たりて子に代はりて相たらんと欲す。」と。

是に於いて恵子恐れて国中を捜すこと、三日三夜なり。

荘子往きて之に見ひて曰はく、「南方に鳥有り、其の名は鵷鶵、子之を知るか。

夫れ鵷鶵は南海を発して、北海に飛ぶ。

梧桐に非ざれば止まらず、練実に非ざれば食らはず、醴泉に非ざれば飲まず。

是に於いて鴟腐鼠を得、鵷鶵之を過ぐ。

仰ぎて之を視て曰はく、『嚇。』と。

今子子の梁国を以つて我を嚇さんと欲するか。」と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved