渾沌


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

・ HOME(漢文記事一覧)>荘子





 [ 現代語訳・書き下し文 ]

渾沌・荘子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 儵 … 時間が非常に短いこと

・ 忽 … 時間が非常に短いこと

・ 渾沌 … 天地が分かれる前の入り混じっている状態

・ 待す … もてなす


渾沌・荘子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 徳 … 恩恵

・ 謀る … 相談する

・ 竅 … 人間の身体にある穴

・ 鑿つ … 穴を開ける




    [ 原文 ]

 南海之帝為儵、北海之帝為忽、

 中央之帝為渾沌。

 儵与忽、時相与遇於渾沌之地。

 渾沌待之甚善。

 儵与忽、謀報渾沌之徳曰、

 「人皆有七竅、以視聴食息。

 此独無有。嘗試鑿之。」

 日鑿一竅、七日而渾沌死。


    [ 現代語訳 ]

南海の帝を儵といい、北海の帝を忽といい、中央の帝を渾沌という。

儵と忽とは、ときどき一緒になって渾沌の地で出会った。

渾沌はこれを非常に手厚くもてなした。

儵と忽とは、渾沌の恩恵に報いようと相談して、「人間にはみな七つの穴がある、それによって見たり、聞いたり、食べたり、息をしたりする。渾沌だけにはない。ためしに渾沌に穴を開けてあげよう。」と言った。

一日に一つ穴を開けて、七日目に渾沌は死んだ。


    [ 書き下し文 ]

南海の帝を儵と為し、北海の帝を忽と為し、中央の帝を渾沌と為す。

儵と忽と、時に相与に渾沌の地に遇ふ。

渾沌之を待すること甚だ善し。

儵と忽と、渾沌の徳に報いんことを謀りて曰はく、「人皆七竅有り、以つて視聴食息す。此れ独り有ること無し。嘗試みに之を鑿たん。」と。

日に一竅を鑿ち、七日にして渾沌死す。








Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved