無用の用


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

・ HOME(漢文記事一覧)老子





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

無用之用・老子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 輻 … 車輪の矢

・ 轂 … 車輪の中心の車軸を通す部分

・ 埴を埏ぬ … 粘土をこねる


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

無用之用・老子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 戸牖 … 戸口や窓

・ 鑿つ … 穴をあける




    [ 原文 ]

 三十輻、共一轂。当其無、有車之用。

 埏埴以為器。当其無、有器之用。

 鑿戸牖以為室。当其無、有室之用。

 故有之以為利、無之以為用。


    [ 現代語訳 ]

三十本の車輪の矢は、一つの轂を共有している。

そこに何もない空の部分があるので、車としての働きがある。

粘土をこねて容器を作る。

それに何もない空の部分があるので、容器としての働きがある。

戸口や窓のための穴をあけて部屋を作る。

それに何もない空の部分があるので、容器としての働きがある。

したがって、形のあるものが役に立つのは、何もない空の部分の働きがあるからだ。


    [ 書き下し文 ]

三十輻、一轂を共にす。

その無に当たりて、車の用有り。

埴を埏ねて以つて器を為る。

その無に当たりて、器の用有り。

戸牖を鑿ちて以つて室を為る。

その無に当たりて、室の用有り。

故に有の以つて利を為すは、無の以つて用を為せばなり。








Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved