杞憂・列子


・ 「杞憂」とは「心配する必要のないことを心配すること」を意味します。「今あなたが心配していることは、まったく杞憂にすぎません。」のような使い方をします。

HOME(漢文記事一覧)



・ 下の画像クリックで次の画像に進む

   
杞憂・列子 現代語訳・書き下し文

     [ 語句・句法 ]

・ 崩墜す … 崩れ落ちる

・ 寄る … 住む

・ 憂ふ … 心配する

・ 廃す … やめる


     [ 原文 ]

 杞国、有人憂天地崩墜、

 身亡所寄、廃寝食者。

 又有憂彼之所憂者。

   
杞憂・列子 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 積気 … 大気の積み重なったもの

・ 〜耳 … 〜だけ

  読み「〜のみ」(限定)

・ 行止す … 行ったり止めたりする

・ 奈何〜乎 … どうして〜か、〜ない

  読み「いかんゾ〜や」(反語)


     [ 原文 ]

 因往暁之曰、「天積気耳。亡処亡気。

 若屈伸呼吸、終日在天中行止。

 奈何憂崩墜乎。」

   
杞憂・列子 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 光耀 … 光り輝くこと

・ 只使〜 … もし〜

  読み「たとヒ〜」(仮定)

・ 不能〜 … 〜できない

  読み「〜あたハず」(不可能)

・ 中傷す … 当たって傷つける


     [ 原文 ]

 其人曰、「天果積気、

 日月星宿不当墜邪。」

 暁之者曰、「日月星宿、

 亦積気中之有光耀者。

 只使墜、亦不能有所中傷。」

   
杞憂・列子 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 奈〜何 … 〜をどうしようか

  読み「〜ヲいかんセン」(疑問)

・ 積塊 … 土の積み重なったもの

・ 四虚 … 四方の空間

・ 充塞す … いっぱいに満ちる


     [ 原文 ]

 其人曰、「奈地壊何。」

 暁者曰、「地積塊耳。

 充塞四虚、亡処亡塊。

   
杞憂・列子 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 躇歩跐蹈 … 踏みしめて歩くこと

・ 舍然たり … 解放されてさっぱりする


     [ 原文 ]

 若躇歩跐蹈、終日在地上行止。

 奈何憂其壊。」

 其人舍然大喜、暁之者亦舍然大喜。




     [ 現代語訳 ]

杞の国に、ある人で、天地が崩れ落ちて、身の置き所がなくなることを心配して、寝ることも食べることもできなくなった者がいた。

また、その人が心配しているのを心配している者がいた。

そこで、出かけて行ってその人を諭して言うには、「天というのは大気が積み重なったものにすぎない。どこへ行っても大気の無いところはない。身体の曲げ伸ばしや呼吸のようなものは、一日中天の中にいて行っているのだ。どうして崩れ落ちることを心配することがあろうか。」と。

その人が言うには、「天が実際に大気の積み重なりであっても、太陽や月や星座は、落ちてこないだろうか。」と。

その人を諭す者が言うには、「太陽や月や星座も、また積み重なった大気の中で光り輝くものだ。もし落ちてきたとしても、やはり当たって傷つけるようなことはありえない。」と。

その人が言うには、「大地が壊れたらどうしようか。」と。

諭す者が言うには、「大地は土の積み重なったものにすぎない。四方の空間いっぱいに詰まっていて、どこへ行っても土の塊の無いところはない。足を踏みしめて歩くようなことは、一日中大地の上にいて行っているのだ。どうしてそれが壊れることを心配することがあろうか。」と。

その人は気持ちがさっぱりして大いに喜んだ。

その人を諭した者もまた気持ちがさっぱりして大いに喜んだ。




     [ 書き下し文 ]

杞国に、人の天地崩墜して、身の寄る所亡きを憂へて、寝食を廃する者有り。

又彼の憂ふる所あるを憂ふる者有り。

因りて往きて之を暁して曰はく、「天は積気のみ。処として気亡きは亡し。屈伸呼吸のごときは、終日天の中に在りて行止するなり。奈何ぞ崩墜するを憂へんや。」と。

其の人曰はく、「天果たして積気なりとも、日月星宿は、当に墜つべからざるか。」と。

之を暁す者曰はく、「日月星宿も、亦積気中の光耀有る者なり。只使ひ墜つるも、亦中傷する所有る能はず。」と。

其の人曰はく、「地の壊るるを奈何せん。」と。

暁す者曰はく、「地は積塊のみ。四虚に充塞し、処として塊亡きは亡し。躇歩跐蹈のごときは、終日地上に在りて行止するなり。奈何ぞ其の壊るるを憂へんや。」と。

其の人舍然として大いに喜ぶ。

之を暁す者も亦舍然として大いに喜ぶ。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved