君子に三楽有り


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

・ HOME(漢文記事一覧)>孟子





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

君子有三楽・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 与る … 関与する

・ 仰ぐ … 上を向く

・ 愧づ … 恥ずかしく思う

・ 俯す … 下を向く

・ 怍づ … 恥ずかしく思う


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

君子有三楽・孟子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 英才 … 優れた才能の持ち主




    [ 原文 ]

 孟子曰、「君子有三楽、

 而王天下、不与存焉。

 父母倶存、兄弟無故、一楽也。

 仰不愧於天、俯不怍於人、二楽也。

 得天下英才、而教育之、三楽也。

 君子有三楽、而王天下、不与存焉。」


    [ 現代語訳 ]

孟子が言うには、「君子に三つの楽しみがある、そして天下で王になることは、その中に入らない。

父母が共に生存し、兄弟に不幸のないのが、第一の楽しみだ。

上を向いて天に恥じず、下を向いて人に恥じないのが、第二の楽しみだ。

世の中の優れた才能の持ち主を弟子に持って、これを教育するが、第三の楽しみだ。

君子に三つの楽しみがある、そして天下で王になることは、その中に入らない。」と。


    [ 書き下し文 ]

孟子曰はく、「君子に三楽有り、而して天下に王たるは、与り存せず。

父母倶に存し、兄弟故無きは、一楽なり。

仰ぎて天に愧ぢず、俯して人に怍ぢざるは、二楽なり。

天下の英才を得て、之を教育するは、三楽なり。

君子に三楽有り、而して天下に王たるは、与り存せず。」と。








Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved